わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

化粧水と乳液とクリームの違いは?普段のスキンケアで美肌効果を最大に!

2020年02月02日 [ クリーム 乳液 化粧水 違い ]
Pocket
LINEで送る

化粧水と乳液とクリームの違いは?普段のスキンケアで美肌効果を最大に!

 

洗顔後の肌には、

保湿の為のスキンケアが

必要です。

 

化粧水や乳液、クリームで保湿する

スキンケアがメインですが、

更に美容効果が欲しい時は

美容液やオイルをプラスしている

人も多いでしょう。

 

ですが、

化粧水だけじゃダメなの?

 

乳液とクリームは何が違うの?

 

と、疑問に思う事はありませんか?

 

同じ様に思えるアイテムも、

それぞれ効果や役割に

違いがあるのです。

 

それぞれの役割と効果の

違いを知って、

自分に合った効果的なスキンケアを

したいですね。

 

化粧水と乳液とクリームの違いは?

 

使い方や順番は?

 

美容液やオイルを使うときは

どうすればいいの?

 

という、

普段のスキンケアの疑問に

ついて見ていきましょう。

 

今回は、

そんな化粧の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

美容のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

ダイエット中の夜ごはんに食べたいサラダを紹介!NGサラダには注意して!

化粧水と乳液でのシミ対策がおすすめ!美白効果が高いアイテム選びとは?

ネイルは単色カラーを組み合わせてみて!冬にピッタリな組み合わせとは?

 

スポンサーリンク

 

化粧水と乳液とクリームの違いは?普段のスキンケアで美肌効果を最大に!

その1:化粧水と乳液とクリームは効果に違いがあるの?

 

洗顔後の肌は

汚れと一緒に潤いも落ちてしまう為、

何もしないで放置したら

乾燥してカサカサになってしまいます。

 

化粧水には、

洗顔後の肌の角質層に

水分補給する役割があります。

 

ですが、

化粧水だけでは

水分が蒸発してしまい、

乾燥しやすいのです。

 

そこで、

油分を含んでいる乳液と

クリームによって

化粧水で補給した水分を

角質層に閉じ込めて、

肌の水分の蒸発を防ぎます。

 

乳液もクリームも肌の表面に

油分でフタをするような

効果があります。

 

それぞれの違いは、

含まれている水分と油分の

割合と使用感。

 

乳液は水分が多め

とろっとしていて滑らか。

 

クリームは油分が多くこってり。

 

肌状態や好みによって

使い分け出来ます。

 

べたつきが気になる人は

化粧水の後乳液のみで完了も。

 

乾燥が気になる場合や、

乾燥しやすい目元や口元には

乳液の後にクリームを重ねるのが

おすすめです。

 

スポンサーリンク

 

化粧水と乳液とクリームの違いは?普段のスキンケアで美肌効果を最大に!

その2:化粧水と乳液とクリームのスキンケアで美肌になるには?

 

洗顔後の肌にとって、

しっかりと保湿する事が大切です。

 

肌が乾燥するとシワだけではなくて、

シミやそばかす、くすみの

原因にも。

 

ですので、

丁寧に洗顔して汚れを落としたら、

まずは化粧水で水分を補給します。

 

500円玉1枚分程を手の平に乗せ、

肌を擦らないように顔全体に優しく

丁寧に馴染ませます。

 

そのままにすると

乾燥してしまいますので、

乳液でフタをして水分を

閉じ込めましょう。

 

乳液を適量手の平に乗せ、

顔の中心から外側に向かって

優しく馴染ませます。

 

化粧水や乳液は、手の平に乗せて

温めると浸透しやすくなります。

 

最後に優しくハンドプレスして、

浸透を促しましょう。

 

乾燥が気になる場合は、

クリームを重ねると

より保湿効果が。

 

乾燥しやすい目元や

口元のみに

クリームを使うのも

おすすめです。

 

肌状態に合った使い方を
しましょう。

 

<大人気おすすめ>

 

化粧水と乳液とクリームの違いは?普段のスキンケアで美肌効果を最大に!

その3:美容液やオイルを使う場合はどうすればいい?

 

普段のスキンケアに美容液や

オイルをプラスしている人も

多いでしょう。

 

美容液は、保湿や美白、

アンチエイジング等

美容効果をプラスしたい時に

おすすめです。

 

一般的には、

化粧水の後に美容液を

塗って乳液やクリーム

フタをします。

 

オイルは万能アイテムです。

 

目的によって使い方が

違います。

 

洗顔後すぐの化粧水の前に塗ると、

化粧水の浸透を良くする為の

ブースターに。

 

化粧水の後に塗ると、

肌に潤いと油分を与えて

肌の調子を整えます。

 

オイルの後に

乳液やクリームでフタをして、

潤いを逃がさないようにしましょう。

 

また、

保湿力やバリア機能を

高めたい時にはオイルを

スキンケアの最後に使う事も。

 

肌にラップをする様に

潤いを閉じ込めるのに

効果的です。

 

スポンサーリンク

 

化粧水と乳液とクリームの違いは?普段のスキンケアで美肌効果を最大に!

その4:まとめ

 

化粧水と乳液とクリームの

スキンケアは、肌の為に

毎日欠かせないものです。

 

忙しい朝等は特に、

化粧水だけでスキンケアを

完了させてしまいたく

なるかもしれません。

 

ですが、

化粧水で水分を補給するだけでは

直ぐに乾燥してしまいます。

 

油分を含んだ乳液やクリームで

フタをして、

潤いを保つ事が大事です。

 

オイルは一番最後に塗って、

保湿力とバリア機能を高める事も

出来ますが、

化粧水の前後に美容液やオイルを使う場合も、

乳液やクリームで

フタをする事が大切です。

 

乳液とクリームは

油分の割合と使用感が違いますので、

使い分けたり

乾燥が気になる部分にのみ重ねたり。

 

肌状態を見極めて、

自分に合ったスキンケアで

潤いのある肌を目指しましょう。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です