わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

バストが垂れる原因は?後悔しない為に!垂れないバストの作り方を公開!

2020年05月11日 [ バスト 原因 垂れる ]
Pocket
LINEで送る

バストが垂れる原因は?後悔しない為に!垂れないバストの作り方を公開!

 

女性は年齢を重ねると、

バストの位置が下がったり、

弾力が無くなり形も崩れてくる人が、

増えてきます。

 

また、

人によっては、

まだ若い内からバストが

垂れ気味になる事も。

 

そのせいで、

自分のスタイルに

自信を持てなくなったり、

好きな洋服を着れなくなって

悩む女性が出てくるのは、

とても残念な話しです。

 

バストが垂れる原因は、

加齢によるものと思われがちですが、

実はそれだけではないという事です。

 

年齢という言葉で片付けるのではなく、

バストが垂れる原因を

きちんと理解すれば、

ハリのある形の良いバストを

キープする事も可能になります。

 

これから、

バストの垂れる原因を

分かりやすく紹介していくので、

後悔をする前に

しっかりと正しい対策を行い

予防をしていくべきですね。

 

では早速、

垂れる原因と

垂れないバストの作り方を

見ていく事にしましょう。

 

今回は、

そんな美容の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

美容のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

ビタミンCの1日の摂取量は?美容効果を実感したい人が摂るべき量とは!

バストアップ成功の鍵は体重を増やす事?痩せ型さんが胸を大きくする方法

ダイエット中の便秘を解消出来る食べ物は?食事を見直してお腹スッキリ!

 

スポンサーリンク

 

バストが垂れる原因は?後悔しない為に!垂れないバストの作り方を公開!

その1:バストが加齢で垂れる原因は何?

 

 

バストは、

対策をしないと必ずと言って良い程、

垂れてくるものです。

 

それは、

何故なのでしょうか。

 

まずバストの主な組織は、

脂肪乳腺により占められています。

 

歳を重ねると、

乳腺が減少して

脂肪の量が増えます。

 

脂肪の重さによりバストは下垂し、

また脂肪は、

流れ易いという特徴を持っているので、

形も崩れてしまうのです。

 

そして、

年齢を重ねると、

皮膚にも変化が現れます。

 

コラーゲンやエラスチン等の低下により、

肌の弾力も失われていくのです。

 

それも、

バストが垂れてしまう原因の一つ。

 

他にも、

出産や授乳により

短期間でバストのサイズが

変化する事も影響しています。

 

脂肪や乳腺の割合が変化するのも、

肌のハリが失われるのも

完全に防ぐ事は出来ないものです。

 

この様に、

ある意味年齢によるバストの垂れは、

起こるべくして起きていると言えますね。

 

スポンサーリンク

 

バストが垂れる原因は?後悔しない為に!垂れないバストの作り方を公開!

その2:年齢に関係なくバストが垂れる原因になっているのは…

 

加齢は、

バストの垂れが発生する

大きな要因である事は確かです。

 

しかし、

年齢に関係なく

バストの垂れに影響を与える

大きな原因があります。

 

それは、

クーパー靭帯の伸び。

 

クーパー靭帯というのは、

バストに張り巡らされた

コラーゲン繊維の事です。

 

このクーパー靭帯が、

脂肪や乳腺等のバスト全体を支え、

バストの形や位置を

キープしてくれているのです。

 

逆に言うと、

クーパー靭帯が伸びてしまうと、

バストを支えきれずに垂れてしまいます。

 

更に悪い事には、

この靭帯は一度伸びてしまうと、

手術でもしない限り、

二度と元に戻る事はありません。

 

歳を取らない方法は無くても、

クーパー靭帯が

伸びきってしまわない様に

対策をする事によって、

バストの垂れを

気にしなくても済む様になります。

 

<大人気おすすめ>

 

バストが垂れる原因は?後悔しない為に!垂れないバストの作り方を公開!

その3:バストが垂れる原因!クーパー靭帯の伸びを予防する方法

 

バストの垂れを予防するには、

クーパー靭帯が大きな鍵となります。

 

そこで、

このクーパー靭帯を守る方法を

紹介しましょう。

 

まず確かめて欲しいのが、

自分のバストに合ったサイズの

ブラジャーを身に付けているかどうか。

 

サイズが小さいと

靭帯を圧迫し傷つけ、

大き過ぎると、

胸をきちんと支えられず、

クーパー靭帯に負担が掛かり

伸びる原因になってしまいます。

 

ですから、

普段からサイズの合ったブラジャーを

着ける事が、

第一の予防になります。

 

次に、

日中はブラジャーを着けていても、

就寝中は無防備というのも危険です。

 

仰向けに眠るとバストは流れ、

寝返りの度に胸が動き

クーパー靭帯に

負担が掛かってしまいます。

 

その為、

バストの垂れを防ぐには、

ナイトブラ着用をお勧めします。

 

程よくバストをホールドして、

靭帯に掛かる負担を

減らしてくれるでしょう。

 

また、

姿勢もかなり重要なポイント。

 

特に

良くない姿勢が猫背です。

この姿勢ですと、

大胸筋や小胸筋が上手く働かなくなり、

クーパー靭帯にばかり負担が

掛かってしまいます。

 

ですから、

正しい姿勢を意識して、

大胸筋や小胸筋を正常に

働かせる事が大切です。

 

スポンサーリンク

 

バストが垂れる原因は?後悔しない為に!垂れないバストの作り方を公開!

その4:まとめ

 

年齢と共に、

バストは脂肪の割合が増え

重みや柔らかさによって、

どうしても

垂れやすい状態になってしまいます。

 

ですが、

バストが垂れる原因を

加齢のせいだけにしてはいけません。

 

事実、

若い女性であっても

バストの弛みや形の崩れが

発生している方は、

少なくないのです。

 

年齢に関係なく、

バストが垂れる

大きな原因となっているのが、

クーパー靭帯の伸びや切れ。

 

バスト全体を支えてくれている、

コラーゲン繊維であるクーパー靭帯を

守る事こそが、

垂れないバストを作る秘訣になります。

 

その為には、

自分のサイズにあったブラジャーを

正しく着用して、

バストを

しっかりホールドしなければいけません。

 

また、

就寝中もナイトブラを着ける事で

クーパー靭帯の負担を防ぎましょう。

 

背筋を真っ直ぐに、

姿勢を正す事も大切ですよ。

 

クーパー靭帯は、

一度伸びると元に戻らない為、

予防が何よりも大切になってきます。

 

今はバストの垂れなんて

気にならないという女性でも、

今のうちから予防をして下さいね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です