わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

お風呂の椅子の垢掃除、綺麗に落とす方法は?汚れの原因とお勧め洗剤は?

2019年10月23日 [ 掃除 椅子 風呂 ]
Pocket
LINEで送る

お風呂の椅子の垢掃除、綺麗に落とす方法は?汚れの原因とお勧め洗剤は?

 

お風呂の椅子は、

常に清潔さを保っておきたいアイテム。

 

素肌に直接触れる物だから

衛生面が気になりますね。

 

そんなお風呂の椅子を

よく観察してみると

色んな所に垢汚れを発見!

なんていう事も少なくありません。

 

しかも、

スポンジやタワシで力一杯擦っても

他の汚れの様に

簡単には落ちないのが垢の特徴です。

 

お風呂の椅子に

こびりついた垢の汚れを

しっかり落とす方法はあるのでしょうか?

 

そもそもこの垢の原因は、

何なのか気になりますね。

 

どんな事をしたら、

この垢汚れが掃除しやすくなるのか

知りたいと思っている人も

多いのではありませんか?

 

家庭で簡単に出来てしまう

お風呂の椅子の垢を

掃除する方法や汚れの原因、

それにお勧めの洗剤も合わせて

紹介していきましょう。

 

今回は、

そんな水回りの悩みについてのお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

お掃除のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

キッチン照明を交換しおしゃれにしたい!ベストな照明の種類や選び方は?

リビング収納の悩み!狭いならではのアイデアは?スッキリ見せるコツは?

お掃除グッズは100均がおすすめ?質や効果は?プロも認める商品とは?

 

スポンサーリンク

 

お風呂の椅子の垢掃除、綺麗に落とす方法は?汚れの原因とお勧め洗剤は?

その1:お風呂の椅子に付く垢の原因は?

 

お風呂の椅子にこびりついている垢、

実は原因は一つだけではありません。

 

垢汚れにも種類があり、

水垢皮脂金属石鹸カス湯垢

お風呂の椅子に付着する垢の主な原因です。

 

お風呂の椅子が粉を

吹いた様になっていたら

それは、水道水のミネラル成分が

固まって蓄積した水垢でしょう。

 

また、

身体や髪の毛から出た皮脂や

石鹸の脂肪酸ナトリウムと

水道水に含まれるカルシウムが反応した

金属石鹸カス汚れも付着してしまいます。

 

また、

湯垢は水道水に含まれる

マグネシウムと石鹸成分が結合したものです。

 

こうした汚れ達は、

直ぐに目立つ様になる訳ではないので

気がつかないまま放置した結果、

汚れがどんどん蓄積して落としにくく、

掃除が大変になってしまうのです。

 

こうして、

汚れの原因を知る事も

掃除をする上では

とても大切なポイントになりますから、

きちんと覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

お風呂の椅子の垢掃除、綺麗に落とす方法は?汚れの原因とお勧め洗剤は?

その2:お風呂の椅子に効く洗剤は?

 

お風呂の椅子に付く汚れは、

水垢皮脂金属石鹸カス湯垢です。

 

この内の水垢金属石鹸カスは、

アルカリの性質を持つ汚れになります。

 

アルカリ性の汚れには、

その反対の性質を持つ

酸性の洗剤が効果を発揮します。

 

皮脂汚れや湯垢は、

酸性汚れになるので

アルカリ性の洗剤を使いましょう。

 

汚れというのは、

反対の性質を持つ洗剤を使う事で

落ちやすくなるものです。

 

反対の性質を掛け合わせる事で、

汚れが中和される為に

綺麗に落とせるという訳です。

 

お風呂の椅子を掃除するには、

汚れの種類に対応した性質の洗剤を

使用する必要があるんですね。

 

ただ、

見た目だけで汚れの種類を

判断するのは難しいもの。

 

酸性の洗剤だけを使っても、

アルカリ性洗剤のみを使っても

お風呂の椅子が綺麗にならないのは、

反対の性質の汚れが

付着しているからなんですね。

 

<大人気おすすめ>

 

お風呂の椅子の垢掃除、綺麗に落とす方法は?汚れの原因とお勧め洗剤は?

その3:効率的にお風呂の椅子を掃除するには?

 

お風呂の椅子についた垢を

上手く掃除するには、

重曹クエン酸を使うのがお勧めです。

 

まず、

皮脂と湯垢を落とす為に

クエン酸水スプレーを作り

椅子に塗布しましょう。

 

クエン酸水スプレーは、

水100mlに小さじ半分のクエン酸を

溶かした物を

スプレーボトルに入れて使用します。

 

椅子に満遍なくスプレーし、

数分置いたらスポンジで軽く擦りながら

洗い流しましょう。

 

続いて浴槽の残り湯に

およそ1カップ程の重曹を入れます。

 

その中に、

お風呂の椅子を浸けてしまいましょう。

 

こうして一晩浸け置きをすれば、

必死に擦らずとも

皮脂や湯垢を落とす事が出来ます。

 

この方法で掃除をすると

浴槽まで綺麗になるので一石二鳥です。

 

毎日浸け置きをしなくても

週に1、2回程度行うだけでも

十分な効果を発揮しますよ。

 

アルカリ性の重曹、

そして酸性のクエン酸の2つを使う事が

お風呂の椅子を掃除する際のコツですね。

 

スポンサーリンク

 

お風呂の椅子の垢掃除、綺麗に落とす方法は?汚れの原因とお勧め洗剤は?

その4:まとめ

 

垢の付いたお風呂の椅子には、

誰でも座りたくないものです。

 

しかし、

中々汚れに気がつかないまま

垢が酷くなってしまう事も多いもの。

 

また、

お風呂の椅子の垢汚れが

掃除をしても上手く取れないなら、

それは汚れの原因にあった洗剤を

使っていないからかもしれません。

 

お風呂の椅子に付いた汚れは、

アルカリ性の水垢や金属石鹸カスの他、

酸性の皮脂や湯垢が原因となっています。

 

汚れとは反対の性質を持つ洗剤を使う事が、

掃除のポイント。

 

ですから、

お風呂の椅子の場合は

酸性とアルカリ性の2種類の洗剤を

使う事が重要なんですね。

 

重曹とクエン酸なら

クエン酸水スプレーを塗布して

皮脂や湯垢を落としたら、

浴槽の残り湯に重曹を溶かして

浸け置き掃除をすれば、

水垢と金属石鹸カスも綺麗になるでしょう。

 

重曹もクエン酸もリーズナブルで

入手しやすい環境にも優しい洗剤。

 

上手く使って、

いつでもお風呂の椅子を

清潔な状態にキープしておきましょう。

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です