わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

ダイエットの停滞期が長い時に取るべき対策!体重が落ちなくなる理由は?

2020年02月03日 [ ダイエット 停滞期 長い ]
Pocket
LINEで送る

ダイエットの停滞期が長い時に取るべき対策!体重が落ちなくなる理由は?

 

ダイエットをしていると

初めの内は順調に体重が落ちていても、

一向に変化が現れなくなる時期があります。

 

それが停滞期と呼ばれるものです。

 

体重がこれまでと同じ様に

落ちなくなる停滞期は、

ダイエットをしている多くの人が

ぶち当たる壁だと言えるでしょう。

 

この停滞期が長くなると、

ダイエットのやる気が

失われてしまったり、

最悪のケースでは

リバウンドする要因になってしまいます。

 

そうならない様にする為には、

停滞期について

正しい知識を付ける事が大切です。

 

ダイエットの停滞期が

長くなってしまった時には、

どのような対策をしたら良いのでしょうか。

 

それにはまず、

停滞期が起こる理由を

知る必要があります。

 

そして、

停滞期をきっかけに体重が

リバウンドしない様に

注意をしなければいけません。

 

ダイエットの壁を壊す対策をご紹介します。

 

今回は、

そんなダイエットの悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

ダイエットのお悩みについて

理解が深まると思います。

 

ダイエット中の夜の空腹はどう乗り切るのが正解?食べられる夜食はある?

ダイエット中の夜ごはんに食べたいサラダを紹介!NGサラダには注意して!

朝ごはんにおにぎりと味噌汁を食べるダイエット法!ヘルシーで効果抜群!

 

スポンサーリンク

 

ダイエットの停滞期が長い時に取るべき対策!体重が落ちなくなる理由は?

その1:ダイエットで停滞期が起きるのは何故?

 

ダイエットでは、

体重が減らない停滞期に陥るケースは

決して珍しくありません。

 

これは、

身体に備わっている

ホメオスタシス機能

働く事が一因です。

 

ダイエットでこれまでより

大幅に摂取カロリーが減少すると、

人の身体は代謝をセーブし

エネルギーを

消費しにくい状態なります。

 

生体を一定に保とうという働きにより、

体重が落ちにくくなるという訳です。

 

そもそもダイエットの初期は、

消費カロリーが摂取カロリーを

上回る事が簡単ですから

体重も落ちやすいのです。

 

しかし、ダイエットをして体重が落ちれば

その分基礎代謝も低下します。

 

するとダイエット初期よりも

摂取カロリーを減らし、

消費カロリーは増やさなければ

体重は落ちなくなっていきます。

 

つまり、

ダイエットが難しくなっていくのは

当たり前の事なのです。

 

また、

ダイエットで体重が減ると

身体が水分を溜め込みやすくなる為、

体重が停滞して見える事も

 

こうした原因を知れば、

停滞期が訪れても

何ら不思議はないのではありませんか?

 

スポンサーリンク

 

ダイエットの停滞期が長い時に取るべき対策!体重が落ちなくなる理由は?

その2:停滞期はどのくらい長く続くもの?停滞期に陥らないダイエット方法もある!?

 

こうした停滞期は、

短ければ2週間程で抜け出せますが、

2ヶ月以上も続く事もあります。

 

そしてこの様な停滞期が続くと

やる気を無くしてしまいダイエットを

止めてしまう人も少なくありません。

 

ですが、

停滞期はダイエットの失敗ではなく、

体重が落ちれば

誰でも陥る可能性のある現象です。

 

ポジティブに考えるなら、

これまでのダイエットで

きちんと成果が出たという

証しだとも言えますね。

 

しかし、

長く続く停滞期が

やる気を失わせるのも事実。

 

その場合は、

初めから停滞期が起こりにくい方法で

ダイエットをするのもアリでしょう。

 

その方法とは

ホメオスタシスの影響を受けない様に

体重の減少を

1ヶ月に1キロ程度に押さえる事

 

緩やかに体重を落としていけば、

ホメオスタシスや水分の影響を

抑える事が出来ます。

 

<大人気おすすめ>

 

ダイエットの停滞期が長い時に取るべき対策!体重が落ちなくなる理由は?

その3:停滞期の壁を破る方法!長い停滞に終止符を

 

もし、

ダイエットの途中で

まだ理想体重には及ばないのに

停滞期に陥ってしまったら

どうすれば良いのでしょうか。

 

体重がこれまでの様に

スムーズに落ちなくなっても

2週間程は様子見で構いません。

 

これまでと同様の事を続けているだけで、

体重が落ち始める事も少なくないのです。

 

ですが、

自然に任せていても

体重が全く落ちなくなった場合は、

対策が必要になってきますね。

 

代謝アップと水分の排出を考える事が

停滞期を抜け出すポイントになります。

 

摂取カロリーを

これまで以上に減らすのではなく、

身体を温めたり呼吸を深くする事を

意識して行ってみましょう。

 

スクワット等の軽い筋トレを

取り入れるのも代謝アップにはお勧め。

 

また、

水分の摂取の仕方にも

ポイントがあります。

 

水分を摂る際は、

冷水ではなく白湯を。

 

一度に摂取する量はコップ1杯程度

この量をゆっくりと飲みます。

 

塩分の多い食事やアルコールを控えると

更に効果的です。

 

食事の前や食後1から2時間は、

水分の摂取を控えてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

ダイエットの停滞期が長い時に取るべき対策!体重が落ちなくなる理由は?

その4:まとめ

 

ダイエットは初めの方が

体重が落ちやすく、

スタートから1ヶ月から2ヶ月経った頃に

これまでの様にスムーズに痩せない

停滞期がやって来るものです。

 

特に、

急激に体重を落とした場合に

起きる事が多いので、

停滞期に陥る事を避けたいのなら

1ヶ月に1キロ程度の緩い減量を

心がけてみると良いでしょう。

 

ただし体重の減少による代謝ダウンや

水分を溜め込みやすくなる影響によって、

ある程度ダイエットの成果が出ると

停滞期が訪れるのは、

ごく当たり前の事とも言えます。

 

そもそも人の身体には、

ホメオスタシス機能も備わっていますから、

停滞期はダイエットの失敗ではありません。

 

多くの人が通る道ですから、

ここでダイエットを止めてしまっては

体重もリバウンドしてしまうでしょう。

 

そうならない為に

長い停滞期から抜け出す対策として

カロリーを更にセーブするのではなく、

代謝のアップや水分の排出を

心掛けてみて下さい。

 

停滞期の壁を乗り越えると

またストンと体重が

落ちる時期がやってきます。

 

停滞期をポジティブに捉え、

努力を継続していきましょう。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です