わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

運動前のコーヒーはアイスとホットどっちがいいの?脂肪燃焼効果が違う!

2019年12月26日 [ アイス コーヒー ホット 運動前 ]
Pocket
LINEで送る

運動前のコーヒーはアイスとホットどっちがいいの?脂肪燃焼効果が違う!

 

運動する前にコーヒーを飲むと良いと

聞いた事がある人も多いでしょう。

 

運動する前にコーヒーを飲むと、

運動能力が向上します。

 

コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸が

含まれている為、

筋肉量がアップしたり、

脂肪分解を促進する効果があるのです。

 

その為、

ダイエット目的で運動する人にも

おすすめです。

 

また、

コーヒーの香りには、

リラックス効果がある為、

運動している時に緊張を和らげてくれます。

 

リラックスした方が、運動時の結果も

良い結果を出せるのです。

 

では、

コーヒーを運動前に飲む時に、

アイスコーヒーとホットコーヒーでは

どちらが良いのでしょうか。

 

アイスコーヒーと

ホットコーヒーの効果の違いと、

効果的なコーヒーの飲み方について

見ていきたいと思います。

 

今回は、

そんなダイエットの悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

美容やダイエットのお悩みについて

理解が深まると思います。

 

ウエストのくびれに効くエクササイズを紹介!簡単だから運動嫌いでもOK

化粧水と乳液とクリームが1本に?オールインワンジェルで時短も美肌も!

美容師の必需品ウィッグの収納はこれで解決!スッキリ片付ける方法とは?

 

スポンサーリンク

 

運動前のコーヒーはアイスとホットどっちがいいの?脂肪燃焼効果が違う!

その1:運動前に飲むならホットコーヒーが効果的?

 

コーヒーはアイスでもホットでも

よく飲まれています。

 

ですが、

運動前に飲む場合は、

アイスで飲むよりも、

ホットで飲む方がおすすめです。

 

コーヒーをホットで飲むと、

体を温めて代謝を促進するため、

脂肪を効率的に燃焼してくれる効果が

あります。

 

また、

コーヒーに含まれている

脂肪燃焼効果

高めるカフェイン

クロロゲン酸は、

ホットコーヒーの方が

体に取り込みやすいのです。

 

但し、

クロロゲン酸は熱に弱いという

特徴があります。

 

コーヒーは熱湯では淹れず、

80度くらいの温度で淹れましょう。

 

深煎りと浅煎りでは、

クロロゲン酸が多く含まれているのは

浅煎りです。

 

どちらか選べるなら、

浅煎りを選んだ方がダイエット効果が

高いと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

運動前のコーヒーはアイスとホットどっちがいいの?脂肪燃焼効果が違う!

その2:運動前のコーヒーを効果的に飲む方法とは?

 

運動前に飲むならアイスコーヒーより

ホットコーヒー。

 

ですが、

どのように飲むのが効果的でしょうか。

 

ミルクや砂糖を入れずに、

ブラックで飲むのがおすすめ。

 

ブラックコーヒーの方がカロリーも低く、

カフェインの働きが鈍るのを防げます。

 

ブラックコーヒーが苦手な人は、

砂糖よりは無脂肪牛乳を入れる等、

なるべく血糖値を

上げない事が大事です。

 

1杯、150mlを目安に。

 

量は多めに飲む必要はありません。

 

飲むタイミングは、

運動の30分前

 

カフェインの作用の持続時間は、

3時間から4時間です。

 

この間に筋トレや有酸素運動をすると、

運動効果が高まります。

 

脂肪燃焼効果を狙う場合は、

有酸素運動がおすすめです。

 

インスタントよりは、

ドリップコーヒーの方が

カフェインやクロロゲン酸が

多く含まれています。

 

<大人気おすすめ>

 

運動前のコーヒーはアイスとホットどっちがいいの?脂肪燃焼効果が違う!

その3:コーヒーを飲む時に注意したいことは?

 

コーヒーに含まれている

カフェインの作用は、

脂肪燃焼効果だけではありません。

 

カフェインの

摂り方によっては

デメリットもあるので

注意が必要です。

 

コーヒーを飲むと、

カフェインが胃酸の分泌を促進します。

 

ですので、

空腹の時にコーヒーを飲むと、

胃の粘膜を刺激して胃痛や

胸焼けを起こす事があるのです。

 

カフェインには覚醒作用もあるので、

寝る前に飲むと眠りにくくなる

可能性もあります。

 

空腹の時や寝る前にはなるべく

コーヒーを飲まない方がいいでしょう。

 

また、

コーヒーを飲み過ぎると

カフェインを摂り過ぎてしまい、

動悸やめまい、頭痛等の原因になる事も。

 

1日3杯~4杯を目安に、

飲み過ぎないように気を付けて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

運動前のコーヒーはアイスとホットどっちがいいの?脂肪燃焼効果が違う!

その4:まとめ

 

運動前にコーヒーを飲むと、

運動効果が高まります。

 

コーヒーに含まれるクロロゲン酸と

カフェインには、

脂肪燃焼効果を高める働きが

あるのです。

 

アイスコーヒーよりも、

ホットコーヒーの方が

おすすめ。

 

ホットコーヒーの方が

クロロゲン酸の吸収が良いですし、

体を温めて代謝を促進します。

 

コーヒーは、

運動する30分前に飲みましょう。

 

運動前にコーヒーを飲む事で

脂肪燃焼効果が高まります。

 

とは言え、

カフェインの摂り過ぎには様々な

デメリットがあります。

 

カフェインは、

胃酸の分泌を促進します。

 

カフェインの覚醒作用によって

眠りにくくなる可能性も

あります。

 

空腹時や寝る前には、

なるべくコーヒーを控えましょう。

 

運動前にコーヒーを飲んで、

効率的な体作りに役立てて下さいね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です