わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

咳が止まらないのにレントゲンでは異常なし!考えられる病気や対策とは?

2020年04月04日 [ レントゲン 止まらない 異常なし ]
Pocket
LINEで送る

咳が止まらないのにレントゲンでは異常なし!考えられる病気や対策とは?

 

咳が続く症状には、

多くの疾患があります。

 

風邪から肺炎、

また内臓疾患といった重大な病が

止まらない咳の原因という事も。

 

ですから、

咳が長引くと心配になるものですよね。

 

暫く様子をみても咳が止まらない場合、

レントゲンを撮るケースもあるでしょう。

 

その結果、

異常なしという診断が出ても

症状が治まらないと安心どころか、

ますます不安になるものです。

 

この様にレントゲンでは、

異常なしという結果が出ても

咳が止まらない場合、

どの様な事が考えられるのでしょうか。

 

そしてそんな時は、

どういった行動を取るべきなのでしょう。

 

咳が続くと体力が奪われ

睡眠もしっかり取れない等、

心身共に良くない影響が現れます。

 

レントゲンで異常が見つからない

止まらない咳の原因や対策について

見ていきましょう。

 

今回は、

そんな健康の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

健康のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

花粉症のアレルギー検査に必要な費用はどれ位?健康保険は適用になるの?

痩せすぎってどこから?目安はあるの?痩せすぎな人に潜む健康リスクとは

睡眠で疲れが取れる理由を知って健康体に!美容にも良い驚愕の理由とは?

 

スポンサーリンク

 

咳が止まらないのにレントゲンでは異常なし!考えられる病気や対策とは?

その1:止まらない咳、レントゲンで何が分かるの?

 

咳の症状があっても

必ずレントゲンを撮る訳ではありません。

 

まず、

レントゲン撮影をするのは

咳が2~3週間経っても

続く様な場合になります。

 

レントゲン撮影をする事で

肺炎や結核、癌や気胸の様な

重大な病気を見つける事が

可能になります。

 

診察や問診、

また血液検査だけでは分からない病気を

レントゲンなら

見つけられるという訳ですね。

 

ただレントゲンは、

少量とはいえ放射線を浴びる事になります。

 

その為、

安易に何度も繰り返し行ったり

妊娠中に行う場合は

注意をしなければいけないません。

 

それでも咳が長引く場合は、

咳に隠された重大な病を

見逃さない為にも

必要不可欠な検査だと言えるでしょう。

 

もし、

自分の判断で軽い風邪だろうと

咳が止まらなくても病院へ行かずに

市販薬等を服用しているなら、

必ず病院を受診し

必要であれば胸部レントゲンを

受ける様にしましょう。

 

スポンサーリンク

 

咳が止まらないのにレントゲンでは異常なし!考えられる病気や対策とは?

その2:レントゲンで異常なしでも咳が止まらないのは何故?
どんな病気の可能性があるの?

 

レントゲンで異常なしという結果が出ても

咳が止まらない場合、

その理由やどんな病気なのか

気になる事でしょう。

 

咳がこんなにも続くのに

レントゲンで異常がないと

不思議に感じるかもしれません。

 

ですが、

長引く咳でもレントゲンでは

何も異常がないといったケースは、

全く珍しいものではないのです。

 

この様な疾患は遷延性咳嗽、

または慢性咳嗽の

何れかに分類されます。

 

前者は咳が

3週間以上8週間未満続くもので、

後者は8週間以上もの間続くものです。

 

前者は、

主に風邪などの感染症が原因

熱等他の症状が改善した後でも

咳だけが残存してしまっている事が

多くなります。

 

後者の場合は、

喘息やアトピーの様な

アレルギー疾患、

副鼻腔気管支炎症候群や

逆流性食道炎が主な原因として

上げられます。

 

<大人気おすすめ>

 

咳が止まらないのにレントゲンでは異常なし!考えられる病気や対策とは?

その3:止まらない咳が続いたら、どうするべきか?3週間を目安にレントゲン検査を

 

咳が止まらない場合、

胸部レントゲンで

詳しい検査をする目安は、

咳の3週間の持続になります。

 

他に症状が無くても、

3週間咳が続くようであれば

必ず病院を受診しましょう。

 

レントゲンで

異常なしという結果が出た場合、

3週間以上続く止まらない咳は、

遷延性咳嗽や慢性咳嗽に分類されます。

 

これらに分類される疾患は少なくなく、

主に感染症が治った後の咳嗽残存、

喘息やアトピーが原因の事が

多くなっています。

 

自分一人で何とかしようと思わずに、

病院を受診して適切な検査し

咳の原因に合った治療を

受ける必要がありますね。

 

咳の原因によって

治療方法は全く異なる為、

自己判断は症状を長引かせるだけです。

 

レントゲンで異常がなくとも、

適切な診察と治療を受け

咳で苦しむ事のない

健やかな生活を取り戻しましょう。

 

スポンサーリンク

 

咳が止まらないのにレントゲンでは異常なし!考えられる病気や対策とは?

その4:まとめ

 

咳が出る病気は、

風邪を始めとして

決して珍しいものではありません。

 

数日で止まる様な場合は、

特に問題にはならないでしょう。

 

ですが時には咳が

ずっと止まらないというケースも。

 

その様な場合は、

重大な病気に

繋がっている可能性もありますから

3週間の持続を目安に

レントゲン検査を受けましょう。

 

しかし、

レントゲンを撮っても異常なしという

ケースだってあるのです。

 

その場合考えられるのは、

遷延性咳嗽や慢性咳嗽といった疾患です。

 

前者では風邪の名残の事が多く、

後者では喘息やアトピー、

副鼻腔気管支炎症候群が

原因の咳の可能性があります。

 

レントゲンで異常なしだった場合でも、

病院で適切な治療を

行う事が大切です。

 

咳が止まらない場合、

自己判断をせずにまずは

受診する事をお勧めします。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です