わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

睡眠で疲れが取れないのは何故?病気のサイン?正しい対策で元気になる!

2019年12月29日 [ 取れない 疲れ 病気 睡眠 ]
Pocket
LINEで送る

睡眠で疲れが取れないのは何故?病気のサイン?正しい対策で元気になる!

 

たっぷり良い睡眠を取ると、

翌日は朝から元気に過ごせますよね。

 

ですが、

長時間眠ったはずなのに

朝から体が重い、疲れが取れていない等、

睡眠で取れない疲れに悩む事はありませんか?

 

仕事や家事や育児で忙しい日々を過ごすうちに、

人間関係のストレスなどによって

疲れがどんどん溜まってしまっているのかも

しれません。

 

スマホやSNSの使い過ぎも

精神的な疲労に繋がる事がありますので、

注意したいですね。

 

睡眠で疲れを取ってスッキリと目覚めて

毎日朝から元気に過ごしたいですよね。

 

疲れを取って元気になると、

仕事や家事もはかどりますし

趣味も楽しむ余裕が出来て、

充実した一日を過ごせるでしょう。

 

では、

睡眠で疲れを取って元気に過ごすには

どうしたらいいのでしょうか。

 

睡眠で疲れが取れない原因を知って

元気になる方法について

見ていきましょう。

 

今回は、

そんな健康の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

生活や健康のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

ダイエットで夜に甘いものを食べたい時はどうする?罪悪感なしの対処法!

使いやすいキッチン収納のアイデアは100均のグッズだけで叶えられる!

映画をカップルで観る時の席は何処がおすすめ?映画デートは席決めが重要!

 

スポンサーリンク

 

睡眠で疲れが取れないのは何故?病気のサイン?正しい対策で元気になる!

その1:睡眠で疲れが取れないのはどうしてなの?

 

睡眠を取っているはずなのに

疲れが取れないのはどうしてでしょうか。

 

睡眠で疲れが取れないのは、

質の良い睡眠が取れていないのです。

 

疲れには

肉体的な疲れもありますが、

脳の疲れ心の疲れもあります。

 

スマホを長時間いじって

情報をインプットし続けると、

情報過多で脳の疲れが溜まります。

 

人に気を使いすぎたり、

常に仕事の事ばかり考えてしまう事で、

心の疲れが溜まっていきます。

 

脳の疲れや心の疲れが溜まると、

交感神経が高ぶって

自律神経に負担が掛かってしまいます。

 

自律神経が正常に働かないと

睡眠のリズムが整いません。

 

質の良い睡眠が取れなくなって

しまうのです。

 

質の良い睡眠の為に、

自律神経を整える事が必要です。

 

スポンサーリンク

 

睡眠で疲れが取れないのは何故?病気のサイン?正しい対策で元気になる!

その2:元気になろう!快眠の為の対策とは?

 

質の良い睡眠で元気になる為の

方法を見ていきましょう。

 

夜はゆっくり過ごす事で、

副交感神経が働いて睡眠のリズムを

作りやすくなります。

 

せめて寝る前1時間は

スマホに触らない

ようにして脳を休ませましょう。

 

夜は部屋を間接照明にする事が

おすすめです。

 

長時間のお風呂は,

汗を掻いて疲れてしまうので、

浸かるのは15分以内にしましょう。

 

日中に散歩や運動をする等体を動かすと、

リフレッシュ出来て

自律神経が整いやすくなります。

 

また、

睡眠の環境を整える事も大切です。

 

寝る時の温度と湿度

気を付けましょう。

 

夏の暑い夜は、

汗をかきながら寝ていると

自律神経が休まっていないので、

エアコンをつけて快適な温度に。

 

冬は乾燥に気を付け、

暖房をつけて足元を暖かくします。

 

ですが、

靴下を履いたまま寝ない

ようにしましょう。

 

靴下を履いたままだと熱の放出が出来ない為、

体温調節が上手く行かず、

疲れが溜まってしまうのです。

 

<大人気おすすめ>

 

睡眠で疲れが取れないのは何故?病気のサイン?正しい対策で元気になる!

その3:それでも疲れが取れない時にはどうすればいいの?

 

日記を書いたり、

読書や音楽鑑賞で

リラックスタイムを持つ事も

自律神経を整えるのに効果的です。

 

質の良い睡眠に繋がるでしょう。

 

また、

疲れを起こしにくくする方法も。

 

鶏の胸肉やカツオ、マグロを食べると、

イミダペプチドという成分を

摂取する事が出来ます。

 

イミダペプチドは神経細胞の疲れを

防いでくれる為、

疲れにくくなる効果があるので

おすすめです。

 

ですが、

それでも疲れが取れない時は

病気のサインかもしれません。

 

ただの睡眠不足だと放って

おくと危険です。

 

甲状腺の病気やうつ病等、

体のだるさが続く病気も

あるのです。

 

疲労感や倦怠感が長期間続く方や

動悸、息苦しさや食欲の減退等の

症状もみられる方は、

早めに受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

睡眠で疲れが取れないのは何故?病気のサイン?正しい対策で元気になる!

その4:まとめ

 

睡眠で疲れが取れない原因は、

自律神経の乱れによって

質の良い睡眠が取れなくなる事です。

 

仕事や人間関係のストレス、

スマホの使い過ぎによる

情報過多等で

脳と心が疲れてしまい、

自律神経に負担が掛かります。

 

不規則な生活や運動不足、

長時間同じ姿勢でいる事でも血流が

悪くなって疲れが溜まりやすくなるので

注意しましょう。

 

よく眠れる環境にする事も大切です。

 

夜は間接照明で過ごして眠りやすくしたり、

部屋の温度調節にも気を付けましょう。

 

運動する習慣や規則正しい生活で

自律神経が整います。

 

しかし、

長期間の疲労感や倦怠感が続く場合は、

病気の可能性もあるので

早めに受診しましょう。

 

質の良い睡眠で疲れを取って

毎日元気に過ごしたいですね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です