熱中症で発熱38度!風邪の高熱と熱中症の熱の違いは?熱中症の応急処置

健康

熱中症で発熱38度!風邪の高熱と熱中症の熱の違いは?熱中症の応急処置

 

暑くなると心配なのが熱中症。

 

なかなか水分が取れなかったり、

長時間、外に出ていたりすると心配ですよね。

 

実は熱中症の原因が、沢山あるのは知っていますか?

 

人間の体は、最適な体温にするために

発刊したり、体の表面温度を上げて

体外へ熱を放出させています。

 

熱中症は、

このような機能が

正常に行われなくなってしまった場合に

起こってしまうのです。

 

熱中症の主な原因としては、

気候だけではなく、

持病の有無や年齢、肥満などがあります。

 

一般的に健康な方だと

気候によるものが多く

気温や湿度が高かったり、

日差しが強く、も弱い日は注意が必要です。

 

熱が出ている場合は、

風邪と勘違いして、

症状が悪化してしまう事もありますから、

風邪との見分け方も学んでいきましょう。

 

今回は、

そんな熱中症の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

熱中症のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

日傘の選び方は?素材で紫外線カット効果は違う?知っておきたい豆知識!

夏の麦茶は危険!?家で作ると腐りやすいって本当?安心して飲む方法は?

エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解?

 

スポンサーリンク

 

熱中症で発熱38度!風邪の高熱と熱中症の熱の違いは?熱中症の応急処置

その1:熱中症の症状と重症度

 

 

 

 

では、

まず始めに熱中症の症状についてお話します。

 

【レベル1】

気分が良くない(めまいや立ちくらみ等)

こむら返りや手足のしびれ

 

【レベル2】

頭痛や吐き気

身体がだるく、力が入らない

 

【レベル3】

高体温があり、まっすぐ歩行する事が困難

意識障害や痙攣等

 

この様にレベルが上がるにつれて

重症化していきます。

 

レベル1の段階であれば、応急処置をし

徐々に症状が案和されるか様子を見て下さい。

 

症状が改善されずにレベル2の症状が出始めたら

病院を受診しましょう。

 

レベル2以上の症状が出ている場合は、直ぐに受診。

 

意識障害などの場合は救急車を呼びましょう。

 

高体温とは、40度前後の発熱にあたります。

 

平熱が高い方であっても、40度近い発熱は

危険です。

 

熱中症であった場合、

体温調整機能に問題がありますので

体内で熱を下げる事が難しくなりますから

熱中症かな?

と安易に考えずに病院を受診して下さい。

 

スポンサーリンク

 

熱中症で発熱38度!風邪の高熱と熱中症の熱の違いは?熱中症の応急処置

その2:高熱時の風邪と熱中症の違い

 

 

 

 

急な発熱だと

疲れて風邪を引いてしまったと

思われる方も多くいますよね。

 

風邪の場合、体内では、

ウィルスを撃退するために発熱が起こります。

 

脳からの信号で、白血球が活動を始め

ウィルスが弱まる37度前後の発熱が起こるのです。

 

ですから、

生命の危機になるまで体温が上がる事はありません。

 

また、ウィルスへの攻撃が終わるころには

体温を下げる為に発汗するようになります。

 

熱中症との違いは、

この発汗するかしないかがキーポイントとなります。

 

大量に汗をかき、高体温なのにも関わらず、

肌を触ると冷たく感じる時等は

熱中症の恐れがあります。

 

熱中症の場合、体温調整が上手く行われず

重症化が進む可能性がありますから

早めに応急処置をし、病院を受診して下さい。

 

<大人気おすすめ>

 

熱中症で発熱38度!風邪の高熱と熱中症の熱の違いは?熱中症の応急処置

その3:熱中症の応急処置

 

 

 

 

では、熱中症かも?と思った時に

出来る対処法はどんな物があるでしょうか?

 

処置の基本としては、

熱を下げる事を最優先にします。

 

1、涼しい場所へ移動

室内に入る事が難しい環境でしたら、

日陰の風通しの良い場所へ行きましょう。

 

2、体の表面温度を冷やす

服を脱ぎ、冷やしていきます。

 

羽織っている物等を脱ぎ、

水をかけたり風を当てたりしていきましょう。

 

保冷材や濡らしたタオル等を

首や脇の下、太ももに当て冷やしていきます。

 

この3か所には、大きな血管が通っていますので

こちらを冷やすと効果的です。

 

3、水分補給

水分は、塩分も含まれている

スポーツ飲料や経口補水液などが良いです。

 

吐き気や嘔吐がある場合は、

病院で点滴などの処置を受けましょう。

 

また、意識障害がある場合に無理矢理飲ませてしまうと

器官に入ってしまう事がありますので

体を冷やし、救急車の到着を待ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

熱中症で発熱38度!風邪の高熱と熱中症の熱の違いは?熱中症の応急処置

その4:まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

熱中症には、様々な原因がありましたね。

 

健康な方であっても

高温多湿の環境や、長時間日差しを浴びていたりすると

熱中症になってしまう可能性があります。

 

朝の天気予報等でも

熱中症指数が放送されていますから

そちらも参考にしてみて下さい。

 

また、熱中症かもと感じたら

涼しい場所に移動し、体を冷やすことを行いましょう。

 

水分補給は塩分の入っている物を

飲むようにして重症化を防いで下さい。

 

熱中症の症状には、

めまいや立ちくらみ、頭痛や吐き気など

風邪の初期症状に似ている物もあります。

 

熱が上がったのに、汗をかいていなかったり

体温が高いのに、体の表面温度が冷たいと感じた場合は

熱中症を疑いましょう。

 

熱中症は、予防が大切です。

 

日差しの強い日や気温が高い日は、

帽子や日傘を利用して直射日光を防ぎ、

こまめに水分を取って休憩しましょうね!

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました