痩せすぎはどこから?女性における痩せすぎの基準と原因、健康美への秘訣

ダイエット

痩せすぎはどこから?女性における痩せすぎの基準と原因、健康美への秘訣

 

食べても食べても太らない。

 

一見、羨ましく感じる太らない体質。

 

多くの女性が、

モデルのようなスタイルを目指してダイエットしていますから

中々、周りに相談できずに悩んではいませんか?

 

太りたくても太れない体質だからと言って、

無理に太ろうと過度な食事を取ってしまうと

かえって逆に、健康を害してしまう事があります。

 

一般的に、太り過ぎている人は、

生活習慣病にリスクが高まり、

大きな病気になる可能性があります。

 

ですが、痩せすぎていても

病気になってしまう事があるのは知っていますか?

 

今日は、

痩せすぎてしまう原因と心配される病気のお話していきます。

 

最後に健康的なスタイルを保つ秘訣もお伝えするので

参考にしてみてくださいね。

 

今回は、

そんな痩せすぎの悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

健康のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

痩せている人はおしりが痛い?その理由とは?悩みを解消する対策も紹介!

バストが垂れる原因は?後悔しない為に!垂れないバストの作り方を公開!

痩せ体質で筋肉がつかないと悩んでいる人必見!カロリーと食事内容を意識して

 

スポンサーリンク

 

痩せすぎはどこから?女性における痩せすぎの基準と原因、健康美への秘訣

その1:痩せすぎの基準はBMIで測ろう!

 

 

 

 

では、どれくらいが痩せすぎになってしまうのかを

見ていきましょう。

 

人の体重は、身長によって変わりますから

150センチの方と170センチの方で

体重を比べて、太っている、痩せているとする事は出来ません。

 

ですから、

基準を測るには、BMI値を使いましょう。

 

BMI値は、身長と体重から

適正体重と体格指数を見る事が出来ます。

 

【BMI計算式】

BMI値=体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)

数値が出たら、体格指数を見ていきます。

 

普通体重:18.5~25

低体重:18.5以下

肥満:25以上

適正体重:22

 

となっています。

 

BMIが18.5以下でしたら、

痩せすぎの可能性があります。

 

適正体重に近づけるようにしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

痩せすぎはどこから?女性における痩せすぎの基準と原因、健康美への秘訣

その2:痩せすぎてしまうと起こる体調不良

 

 

 

 

では、痩せすぎてしまうと

どんな事が起こるのでしょうか?

 

ダイエットの敵である脂肪ですが、

この脂肪が極端に少なくなると

健康被害が起こるとされています。

 

脂肪は、体温の保持や

エネルギーを蓄えておく事が出来る物ですから、

体温を保持できないと、

免疫力や筋力の低下に繋がります。

 

筋力が低下すると、

血液循環も悪くなり、

風邪を引きやすかったり、

疲れやすくなっていくのです。

 

過度なダイエットで

痩せすぎてしまった場合は、

栄養失調も考えられますから、

ビタミンや鉄分不足による貧血になる事もあります。

 

貧血になると、

身体に十分な酸素や栄養素を運べなくなり、

心臓病に繋がる事もあります。

 

また、不規則な食生活を繰り返し行っていると、

膵臓に負担をかけている場合があります。

 

膵臓に負担が掛かりすぎると

インスリンの分泌が減り、

糖尿病になる可能性もあります。

 

このように、

痩せすぎていると様々な不調が起こります。

 

大きな病気を発症してしまう事もありますから、

ご自身を過信せず、気を付けて見てきましょう。

 

<大人気おすすめ>

 

痩せすぎはどこから?女性における痩せすぎの基準と原因、健康美への秘訣

その3:健康的な体型を手に入れる為の秘訣

 

 

 

 

では、瘦せすぎていても

健康的な体型になる事が出来るのでしょうか?

 

突然何かを変えたからと言って劇的に

太りにくい体質を変える事は出来ませんが

日々の努力から、健康的な体型を目指す事が出来ます。

 

1、食事を見直す

摂取カロリーが、消費カロリーよりも

多くなるように気を付ける。

栄養バランスを考えるのは、もちろんですが、

太りにくい体質の方は、

基礎代謝が高い場合があります。

日々の食事が、消費カロリーを上回るように

していくと肉付きの良い体型を目指せます。

 

2、タンパク質を意識する

体を作る元となるタンパク質を意識して取りましょう。

筋力を作るサポートにもなります。

食事だけでなく、市販のプロテインドリンクや

プロテインバー等もオススメです。

 

3、筋肉を付ける

痩せすぎてしまっている場合は、

筋トレを取り入れて、適度に筋肉を

付けていきましょう。

筋肉がある事で、メリハリのある

女性らしい体型を作る事が出来ます。

 

スポンサーリンク

 

痩せすぎはどこから?女性における痩せすぎの基準と原因、健康美への秘訣

その4:まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

痩せすぎているかを確認するには

BMI値を割り出す事が

最適でしたね。

 

BMIが18.5以下の場合は、

少しずつ健康的な体型を目指しましょう。

 

タンパク質とカロリーを意識した食事と

筋肉を付けていく事で、

女性らしい健康的な体を作る事が出来ましたね。

 

また、瘦せすぎていると

身体に不調が起こりやすくなります。

 

適度に脂肪を付ける事で

免疫力や筋力を保持出来ます。

 

過度なダイエットで痩せすぎてしまった場合は、

病気が潜んでいないか注意してください。

 

貧血からくる、心臓病や

不規則な食事による、膵臓機能低下で糖尿病等、

様々な不調が考えられます。

 

気になる症状があった場合は、

病院へ行く事も検討してみて下さいね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました