痩せすぎて骨が当たる?痩せすぎ体形における睡眠不足と将来の病気リスク

健康

痩せすぎて骨が当たる?痩せすぎ体形における睡眠不足と将来の病気リスク

 

痩せすぎていると

良く聞くのが、骨が当たるという事。

 

ダイエットで痩せたは良いけど、

骨が当たって痛みがあるや、

元々痩せ体質で幼少期から、

骨が当たっている等

原因は様々です。

 

痩せすぎと言っても、

ある程度基準が設けられています。

 

それは、BMIです。

 

体重(kg)÷ 身長(m)× 身長(m)

こちらの数式で算出していきます。

 

国の基準で、18.5以下だった場合、

低体重と言われます。

 

18.5以下は、痩せすぎの他にも、

病気リスクも高まるとされていて、

もっとも病気リスクが低いのが

BMI値22前後と言われています。

 

痩せすぎていると、将来の病気リスクも伴っていきますので、

しっかりご自身の身体と向き合って、

痩せすぎから脱却するようにしていきましょう。

 

今日は、そんな痩せすぎてしまっている方の

悩みや、痩せすぎが引き起こす睡眠不足、

将来の病気リスクへのお話です。

 

今回は、

そんな痩せすぎについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

痩せすぎのお悩みについて

理解が深まると思います。

 

痩せすぎはどこから?女性における痩せすぎの基準と原因、健康美への秘訣

痩せすぎは危険!女性に多い低体重、瘦せすぎで罹る病気と将来へのリスク

痩せすぎ体形が太るには何が大切?女性らしい体を手に入れるメソッド2選

 

スポンサーリンク

 

痩せすぎて骨が当たる?痩せすぎ体形における睡眠不足と将来の病気リスク

その1:痩せすぎている方の悩みとは?

 

 

 

 

では、まず始めに痩せすぎている方の

お悩みをランキングで見ていきましょう。

 

NO1、骨が当たる

長時間座っていたり、

寝ている時に骨が当たって痛みが生じます。

座布団や寝具を工夫している方が

多くいました。

 

NO2、人からの視線

痩せすぎている方の多くは、

骨が浮き出ている事も少なくなく、

ガリガリに見えてしまう為、

他者の視線が気になるという声が多くありました。

しっかり食べていても、

食べてる?と心配される事もあり、

精神的にも辛いと話す方もいらっしゃいました。

 

NO3、健康診断で引っかかる

低体重という事で、引っかかってしまう方が大半でした。

要再検査や要治療となると、

通院しなければいけなくなりますし、

生活に支障をきたします。

会社の健康診断等である場合、

社内でも変な噂になってしまう事も心配ですよね。

 

いかがでしたか?

 

皆さんも、同じようなお悩みをお持ちでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

痩せすぎて骨が当たる?痩せすぎ体形における睡眠不足と将来の病気リスク

その2:痩せすぎていると睡眠不足になるメカニズム

 

 

 

 

では、続いては痩せすぎと睡眠不足についてです。

 

痩せているから睡眠不足って?と思いがちですが、

人間にとって、

良質な睡眠は健康に過ごす為にとても大切な事です。

 

先程のお悩みにもあったように、

痩せすぎている多くの方は、

睡眠時に骨が当たって痛みを感じています。

 

まず、骨が当たってしまうのは、

単純に骨とマットレスとの間に

クッションとなる脂肪が付いていない事が原因です。

 

これを解消するようにして行くと

良質な睡眠を取る事が出来るようになります。

 

その為に出来る事は、以下の3つです。

 

・体重を増やす

体重を増やすと、まずは腰回りや

お腹周り等に脂肪が付いていきます。

そうすると、床に骨盤等が当たらなくなります。

 

・タオルやクッションを使う

骨が当たる部分にタオルやクッションを

敷いてみましょう。

クッションを使用する場合は、

大きさだけでなく、

厚みの違う物を用意すると良いです。

 

・低反発や高反発のマットレス

低反発は、重心を一点にかかりにくく、

高反発は、程よい硬さで支えてくれます。

薄いマットレス等は、重心が底まで届いてしまうので、

厚みのある反発式のマットレスを使用しましょう。

 

<大人気おすすめ>

 

痩せすぎて骨が当たる?痩せすぎ体形における睡眠不足と将来の病気リスク

その3:痩せすぎが引き起こす将来の病気リスク

 

 

 

 

痩せているから、

病気になりにくいという事はなく

むしろ、痩せている事で

気が付かずに病気になるという事があります。

 

例えば、糖尿病です。

 

一般的に、

糖尿病は太っている人が掛かりやすいと

思われがちですが、

痩せている方も糖尿病になりやすいのです。

 

痩せている方は、

元々、脂肪が少ないので、

筋肉に脂肪が蓄積してしまいます。

 

筋肉に脂肪が溜まってしまうと

血糖値が上昇して糖尿病となります。

 

元々、インスリンの分泌が少ないとされている

アジア人の方は注意が必要なのです。

 

他にも、痩せている方は、

筋力が不足している方が多く、

関節疾患や骨折などの骨周りの

けがや病気が心配です。

 

また、女性でしたら、

ご自身が低体重であった場合、

出産時にお子さんが低体重児で

生まれる可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

痩せすぎて骨が当たる?痩せすぎ体形における睡眠不足と将来の病気リスク

その4:まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

一般的に、BMI値18.5以下は

瘦せていて、低体重とされています。

 

低体重であると、

病気のリスクも上がっていきます。

 

痩せているのに、糖尿病になってしまったという方は

意外と多くいます。

 

痩せているからと安心せずに

ご自身の健康をしっかりチェックしていきましょう。

 

女性の場合は、将来出産時にリスクも

伴いますので、気を付けましょう。

 

その他にも、

骨が当たって痛みが有ったり、

健康診断で再検査になってしまったりと

日常生活でストレスを抱える事も多くありますよね。

 

痩せていると、骨が当たる痛みで熟睡できず、

睡眠不足になりがちです。

 

寝具を変えてみたり、

タオルやクッションを使用して、

良質な睡眠を取れるようにしていきましょう。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました