わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

一歳からの夏の靴の選び方!気を付けたいポイントや安全で選ぶ最高の靴は?

2019年07月13日 [ 一歳 子供 ]
Pocket
LINEで送る

一歳からの夏の靴の選び方!気を付けたいポイントや安全で選ぶ最高の靴は?

 

今年も暑い夏が来ましたね。

 

夏は冬よりも

子どもの体調面に気を付けたい季節。

 

外は暑くても

スーパーやショッピングモールは、

クーラーで涼しく気温差が大きいですし

汗をよくかいて”あせも”になりやすいです。

 

外遊びだけでなく水遊びをよくすると

体力の消費も激しく

免疫が下がりやすい時期ですね。

 

そんな夏を快適に過ごす為に、

動き回りたい遊び回りたい盛りの

一歳から二歳の子どもにぴったりな

夏の靴を紹介したいと思います。

 

また、

靴選びのポイントも押さえてありますので、

お店で買う時の参考にしてくださいね。

 

適当に選んでトラブルが起きる前に

きちんとした靴を履いて

外遊びや水遊びを満喫する

楽しい夏なればいいなと思います!

 

今回は、

そんな大事なお子さんの足を守る靴のお話です。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

子育てについての理解が深まると思います。

 

急な子供の熱、鼻水、咳の対応。焦って慌てない為に知っておく事とは?

赤ちゃんの便秘解消方法!驚異の即効性マッサージのやり方はツボ押し!?

子供に熱を伴う手足の発疹が出たら?その原因と治療方法はどんな物がある?

 

スポンサーリンク

 

一歳からの夏の靴の選び方!気を付けたいポイントや安全で選ぶ最高の靴は?

その1:夏にぴったりベビーサンダルはいつから?

 

サンダルは足を覆う面積が少なく、

通気性も良いものが多い為、

夏に定番の履き物ですよね。

 

そんなサンダル、

子供は、

いつ頃から履くことが出来るのでしょう?

 

子供の足は汗をかきやすく蒸れやすいので、

靴下と靴で履かせていると、

むしろ熱くなりすぎて熱気がこもってしまいます。

 

暑い日でも気持ちよく過ごす事が出来るように、

赤ちゃんの時から履かせてあげましょう!

 

近年は暑くなるのが早いので、

5月のゴールデンウィークあたりから

大活躍になりますよ!

 

靴を履いて歩けるようになった

1歳前後の子供には、

靴下と合わせて履くタイプもあるので、

春から履き始めて、

夏、秋までの3シーズンを通して

履くことが出来ます。

 

長く履くことになる靴なので、

慎重に選びたいですよね。

 

スポンサーリンク

 

一歳からの夏の靴の選び方!気を付けたいポイントや安全で選ぶ最高の靴は?

その2:夏の靴選び、4つのポイント

 

お店に行くとたくさん並ぶサンダル、

どれがいいのかわからないですよね。

 

選び方を4つのポイントで紹介します。

 

・柔らかい

 

子どもの足は柔らかく変形しやすい状態です。

 

その為、

柔らかく包み込む

クッション性のある靴が好ましいです。

 

靴が手で簡単に曲がるか

試してみましょう。

 

・滑らない

 

水遊びにも使う予定があるなら

靴の凸凹がしっかりあるものがいいでしょう。

 

つるつるしたものは、

滑りやすいので、とても危険です。

 

・”かかと”や”つま先”が

 カバーされているもの

 

歩くことに慣れていない子どもの足を守る靴です。

 

つま先が覆われていて

かかとがあるものが最適です。

 

5~10mm位、

つま先に余裕があると履きやすく、

子どもの足も窮屈じゃなく最適です。

 

・通気性、速乾性があるもの

 

靴は、汗で蒸れやすいので、

素材は乾きやすく

通気性があるものがいいでしょう。

 

水遊びをして濡れてしまう事があるので、

速乾性も大切です。

 

自分で脱ぎ履きしたがる

子どもには面ファスナーだといいですね。

 

大きく開くものだとラクですよ!

 

 

一歳からの夏の靴の選び方!気を付けたいポイントや安全で選ぶ最高の靴は?

その3:夏におすすめのベビーサンダル!

 

ここでおすすめのサンダルを紹介します。

 

・New Balance(ニューバランス)

 

柔らかくて涼しく、

しっかり足を守ってくれ、

また赤ちゃんの足の形状に合わせた造りに

なっています。

 

面ファスナーなのも脱ぎ履きしやすく、

サイズも11cm~あります。

 

・ASICS(アシックス)

 

スポーツシューズブランドのアシックスでも

ベビーサンダルが作られています。

 

つま先部分が広々と作られているので

靴の中で指が窮屈ではないのが

ポイントが高いですね。

素材もマラソンシューズと同じなので快適です。

 

・Adidas(アディダス)

 

軽量で屈曲性が高いアウトソールを使用し、

まるでスニーカーのような履き心地なので、

まだ履きなれていない子供でも

歩きやすいデザインになっています。

 

・IFIE(イフミー)

 

子どもの足の成長を考えて

作られているイフミーのサンダルは、

適度な硬さのソールと

靴の中に入った水を抜いてくれる穴が

あることが特徴的です。

 

価格もブランドのサンダルでは

やや低めで手が出しやすいですね。

 

スポンサーリンク

 

一歳からの夏の靴の選び方!気を付けたいポイントや安全で選ぶ最高の靴は?

その4:まとめ

 

意外と難しい子どもの靴選び、

サンダルもシーズンが短い履き物と思っていたら、

5月頃~9、10月頃までと

意外と長く履くものなので驚きです。

 

おしゃれで可愛い、かっこいいものも

履きたいところですが、

日常的に使うものや思い切り遊びたい時には、

ちゃんとしたものを用意してあげた方が

これからの子供の足の為にもなりますよね。

 

うちではちゃんとしたサンダルと

安く手に入る笛付きのサンダル二足持ちで

使い分けたりしていましたよ。

 

笛付きだと水遊び中木の陰や物の陰に

なっていても

「あそこにいる」

とわかるのがとても便利でした。

 

1000円程度で

手に入るのも気軽でよかったですね。

 

暑い夏も元気に過ごす為に

足元から気をつけていきましょうね!

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: A non-numeric value encountered in /home/nikobird/wacha2info.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/nikobird/wacha2info.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/nikobird/wacha2info.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55