わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

子供が熱とけいれん!救急車は呼ぶべきか?呼んだ後の緊急時の対応とは?

2019年08月08日 [ けいれん 子供 救急車 ]
Pocket
LINEで送る

子供が熱とけいれん!救急車は呼ぶべきか?呼んだ後の緊急時の対応とは?

 

子供の病気には色々ありますが、

突然の熱を伴う痙攣は、

周囲の大人達を驚かせてしまう物です。

 

まずは落ち着いて対応しましょう。

 

子供の痙攣は、

そんなに怖い物ではありません。

 

熱性痙攣は、

生後6ヵ月から5歳くらいの子供に、

しばしば起きる5分くらいの短い痙攣です。

 

熱性痙攣を起こす子供のほとんどは、

1回痙攣を起こしても、

その後は起こさなかったり、

5~6歳くらいには起こさなくなります。

 

何度か痙攣を繰り返しても、

脳に異常が起きる、

と言う物ではありません。

 

痙攣が起きたら、

症状を良く観察して、

意識があるかや、

目の状態などを確かめましょう。

 

では、

どんな事に気を付けたら

よいのでしょうか?

 

今回は、

そんな子供の突然の病気の

対応ポイントについてのお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

子育てのお悩みについて

理解が深まると思います。

 

子供がキッチンでお手伝いする際の踏み台選びは重要!どんなものがいい?

一歳頃の発熱、お風呂は入っていいの?看病の仕方と子供との過ごし方は?

子供のおままごとキッチンをDIY!その簡単でお手軽な驚きの方法とは?

 

スポンサーリンク

 

子供が熱とけいれん!救急車は呼ぶべきか?呼んだ後の緊急時の対応とは?

その1:子供の熱を伴う痙攣ってどんなもの?

 

子供の痙攣とは、

どんなものなのでしょう。

 

例えば、

意識を失ったり、

白目になったり、

顔が真っ青になる他、

身体を震わせ、

手や足をピクピクさせたりします。

 

この症状は5分くらいでおさまり、

子供の意識が戻ったり、

そのまま眠りに付いたりします。

 

では、

熱性痙攣が起きた時は

どんな対応をしたら良いのでしょうか。

 

まずは平らな所を探して、

周りに危ない物が無いかを確かめ、

寝かせて下さい。

 

息がしやすいように、

ボタンを外すなどして、

服の締め付けが無いようにします。

 

吐き気がしているようなら、

顔を身体ごと横にし、

吐しゃ物が喉に詰まらないようにします。

 

痙攣がどのくらい続いたのかを確認しましょう。

 

はじめて痙攣を起こした場合は、

速やかに病院を受診し、

医師に症状や、

痙攣が起きていた時間を伝えましょう。

 

スポンサーリンク

 

子供が熱とけいれん!救急車は呼ぶべきか?呼んだ後の緊急時の対応とは?

その2:痙攣が起きたら、救急車を呼んだ方がいいの?

 

子供が痙攣が5分以上続く場合は、

救急車を呼びましょう。

 

他にも、

痙攣がおさまっているのに

意識が無い時にも

すぐに受診して下さい。

 

痙攣には2種類あります。

 

熱が上がる有熱性痙攣と、

熱が上がらない無熱性痙攣です。

 

痙攣のだいたいの物は有熱性痙攣で、

基本的に熱性痙攣と言われるものです。

 

熱性痙攣は、

遺伝が多く関係すると言われているので、

家族の中に、

子供の頃痙攣を起こした事があるかどうかを

確認しておくといいでしょう。

 

熱性痙攣の他にも、

痙攣を起こす病気があります。

 

例えば髄膜炎です。

 

夏に流行るウイルスで、

エンテロウイルスという物は、

無菌性髄膜炎を引き起こしてしまいます。

 

入院しないといけない事もあります。

 

腹痛、吐き気、頭痛など、

痙攣以外の症状にも注意しましょう。

 

 

子供が熱とけいれん!救急車は呼ぶべきか?呼んだ後の緊急時の対応とは?

その3:子供の痙攣の予防方法ってあるの?

 

子供に熱性痙攣が起きた時の対応も大事なのですが、

そもそも熱性けいれんを予防するには

どうしたら良いのでしょうか?

 

例えば、

予防薬を利用する事があります。

 

しかし、

ほとんどの場合何度か痙攣を起こしても、

脳に後遺症を残すという事はなく、

5~6歳にはだいたい起こさなくなる為、

予防薬は必要ないという考えが浸透してきています。

 

熱性痙攣が3回以上起きた場合などには

予防薬が処方される事があります。

 

予防薬は副作用もあり、

ふらついたり、

興奮があったり、

眠くなったり

という症状が一時的に起きる場合があります。

 

予防薬を服薬し、

そんな症状が見られた時は

1人にしないで、

ふらふらして転倒しないよう見守りましょう。

 

予防で怪我をしないように注意しましょうね。

 

スポンサーリンク

 

子供が熱とけいれん!救急車は呼ぶべきか?呼んだ後の緊急時の対応とは?

その4:まとめ

 

子供が突然痙攣を起こすと、

勿論驚いてしまいます。

 

慌ててしまって、

必要な対応が出来ない事もありますよね。

 

以前は、

痙攣している時に舌を噛まないようにと、

割りばしなどを口に入れるという処置を

正しいと思っている方も多くいましたが、

これはとても危険です。

 

痙攣中に無理に口に何かを入れると、

嘔吐する場合があります。

 

そして、

嘔吐した物を喉に詰まらせてしまいます。

 

痙攣が起きた場合は、観察が大事です。

 

観察して得た情報を、

正確に医師に伝えましょう。

 

意識の状態やチアノーゼがあるか、

呼吸の状態など、

重要な情報を得ましょう。

 

出来ればかかりつけの医師と速やかに連絡をとり、

指示に従いましょう。

 

十分な観察が出来るように、

まずは心を落ち着かせましょうね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です