わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

子供の熱、嘔吐や咳も心配。誰でも出来る慌てない対応の重要ポイント3選

2019年08月22日 [ 嘔吐 子供 ]
Pocket
LINEで送る

子供の熱、嘔吐や咳も心配。誰でも出来る慌てない対応の重要ポイント3選

 

子供の身体が熱くなっているのに気付き、

体温を測ったら高熱だったなんて事は

小さい子供には良くあります。

 

そして更に突然嘔吐したりすると、

少し焦ってしまいますよね。

 

風邪かな?

胃腸炎かな?

と思い巡らせたりします。

 

吐く病気は色々ありますが、

ウイルス性の胃腸炎である事が多く、

緊急を要する様な病気は少ないものです。

 

ただ、

吐いてスッキリした様な

顔をしていれば安心ですが、

苦しそうな顔で、

何度か吐くような時は、

脱水が心配です。

 

咳をしている時などは、

胃腸の病気でなくとも、

お腹に力が入って吐く事もあります。

 

なかなか吐くのが治らず、

顔色が悪い場合は、

病院を受診しなければいけません。

 

今回は、

そんな子供の病気の症状で、

どんな事に気を付けて観察するか、

色々なポイントについてのお話です。

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

子育てのお悩みについて

理解が深まると思います。

 

子供が口を怪我した時の対応。食事は何がいいの?そんな疑問を徹底解説!

一歳の発熱の時、どの様なものを食べたら良いの?ママ必見!症状別に紹介

突然の子供の熱と喉の痛み、こんな症状が出たら?これで安心万事解決!

 

スポンサーリンク

 

子供の熱、嘔吐や咳も心配。誰でも出来る慌てない対応の重要ポイント3選

その1:子供の熱が出た時の対応は?慌てない為には?

 

子供の熱は、

ほとんどの場合様子を見ていても

大丈夫です。

 

身体の状態を観察しながら、

家で出来る対応をしましょう。

 

食事は無理に食べるように

促さなくてもいいのですが、

水分はこまめに補給させましょう。

 

麦茶やイオン水の他に、

湯冷ましなども最適です。

 

身体を冷やす時には、

脇の下や首などを、

ハンカチやタオルで巻いた保冷剤で

行うと効果的です。

 

水分がちゃんと取れていたり、

熱があるのに割と元気な場合は、

しばらく家で様子を見ていて大丈夫です。

 

逆に、水分が取れず、

呼んでもすぐに寝てしまったり、

機嫌が悪い場合や、

泣き止まない場合には

病院を受診しましょう。

 

生まれて3ヵ月未満の乳児の場合、

高熱が出たらすぐに受診して下さい。

 

スポンサーリンク

 

子供の熱、嘔吐や咳も心配。誰でも出来る慌てない対応の重要ポイント3選

その2:子供の咳が酷い!対応策ってあるの?

 

咳が出ると苦しいですが、

気管などにウィルスや細菌が

入らないようにする為に起こるものです。

 

咳が出たからと言って、

良くないという事はありません。

 

家ではお部屋を加湿し、

乾燥を防いで適度な湿度を保ちましょう。

 

また、

こまめな水分補給で

喉を潤すなどの対応をして下さい。

 

眠れるくらいの咳である場合や、

食事が取れる、

呼吸が苦しくない場合は、

家で様子を見ていて大丈夫です。

 

咳が苦しくて眠れない、

顔色が悪いなどの場合は、

早めに受診しましょう。

 

子供に喘息があって、

あらかじめ薬を処方されている場合は、

医師の指示通りに

薬を服薬したり吸入しましょう。

 

夜間に咳で呼吸が苦しく、

喋れなかったり、

動く事も出来ないような時には、

救急外来を受診しましょう。

 

<大人気おすすめ>

 

子供の熱、嘔吐や咳も心配。誰でも出来る慌てない対応の重要ポイント3選

その3:子供が嘔吐した時は?どうすればいいの?

 

発熱の際、

嘔吐する場合があります。

 

子供が嘔吐した場合は、

他に下痢があるか、

腹痛があるかなども観察しましょう。

 

嘔吐した後は、

飲食をするとかえって吐くので、

できれば30分くらいは様子を見ましょう。

 

口の中が気持ち悪い場合は、

水で口をすすぐのがいいと思われます。

 

吐いても機嫌が良く、

しばらくして水分が摂れるようであれば、

家で様子を見ましょう。

 

腹痛があったり、

頻繁に吐くなどして機嫌が悪い時、

水分がなかなかとれないなどの場合は、

病院を受診しましょう。

 

咳が激しく出て

嘔吐してしまう場合もあります。

 

医師に、

状況を細かく説明しましょう。

 

生まれてすぐの赤ちゃんは、

ちょっとした刺激で吐く事があるので、

心配はありませんが、

大量に何度も吐く場合は受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

タイトル子供の熱、嘔吐や咳も心配。誰でも出来る慌てない対応の重要ポイント3選

その4:まとめ

 

熱が出たからと言って、

大慌てで夜間救急に走らなくても

大抵の場合は大丈夫です。

 

行った病院で、

他の病気に感染することもあります。

 

家で安静にしている方が、

子供の身体には安全だったりします。

 

熱だけで

脳に障害が起きる事はないので、

慌てず様子を見ましょう。

 

咳が止まらないととても苦しく、

激しい咳の拍子に

嘔吐してしまう事もあります。

 

子供の咳が止まらない場合は、

日中に病院を受診して

咳止めを処方してもらいましょう。

 

熱は、

ウィルスや細菌と戦う為の、

身体の防衛反応です。

 

無理に下げる必要はありませんが、

高熱が続き、

水分がとれなかったり、

眠れない時には、

解熱剤を利用しましょう。

 

子供の熱、咳、嘔吐についての対処は

いかがでしたでしょうか?

 

慌てず様子を見て

対応しましょう!

 

子供が今どんな状態か、

観察するのがとても大事ですね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です