わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

子育てのイライラを抑える3つの方法!上手くコントロールして楽になろう

2019年12月31日 [ イライラ 子育て 抑える 方法 ]
Pocket
LINEで送る

子育てのイライラを抑える3つの方法!上手くコントロールして楽になろう

 

いつもニコニコ笑って子育てをしたい、

穏やかに子供と接したいと思っていても

現実は中々理想通りにはいきません。

 

イライラして自分の感情を

コントロール出来なくなると、

子供にあたったり怒ったり最悪の場合、

手をあげてしまう可能性もあるでしょう。

 

また、

親がイライラしていると

それが子供にも伝染する事があります。

 

家族全体がピリピリとした

嫌な雰囲気になる事も少なくありません。

 

イライラの感情は、

周囲にも悪影響をもたらしますが、

イライラしている本人だって

とても辛いものです。

 

ですが、

子育て中に起きるイライラの原因を

全て取り除くのは不可能。

 

だったら、

イライラした気持ちを抑える方法を

覚えてみてはどうでしょうか?

 

もし、

イライラが襲ってきても

速やかに心を落ち着かせる事が出来れば、

もう少し楽に子育てが

出来る様になりますよ。

 

今回は、

そんな子育ての悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

子育てのお悩みについて

理解が深まると思います。

 

子供が食事をしない!三歳は難しいお年頃?驚きの解決策をピックアップ!

子供に熱が出ると脳に障害が起きる事はあるの?ママの不安を一挙に解決!

宿題嫌いの子供に苦戦!どんな声がけがいいの?そんな疑問の解決策3選!

 

スポンサーリンク

 

子育てのイライラを抑える3つの方法!上手くコントロールして楽になろう

その1:子供と離れてイライラを抑える

 

子育て中にイライラした時には、

子供と物理的に

距離を置くというのも

効果的な方法の一つです。

 

子供の年齢にもよりますが、

部屋の安全性を確保した上で

子供とは別の部屋へ移動してみましょう。

 

違う部屋への移動が無理でも

なるべく距離を取り、

子供とは

別の事をして過ごす様にします。

 

ただこの時、

子供が無視をされたと思わない様に

理由を説明してから

離れるようにしましょう。

 

何時間も離れる必要はなく、

15分程度でも十分です。

 

親がイライラしている時は

子供も泣いたり

怒ったりしている事が多いもの。

 

イライラの原因を

解消しようと躍起になると

益々イライラが募るケースもあります。

 

問題は一先ず置いて

子供と離れる事で

お互いに気持ちを

クールダウンすると

イライラも抑えられるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

子育てのイライラを抑える3つの方法!上手くコントロールして楽になろう

その2:子育てでイライラしたら敢えて子供を抱き締めてみる

 

子育てでイライラした時、

本音では子供の顔を見たくない!

 

もう育児なんてしたくない!

 

そんな風に思ってしまう方も

少なくないでしょう。

 

子供と離れる事が

イライラを抑える方法になる一方で

真逆とも言える方法でも

イライラを抑えられます。

 

その方法が子供を

敢えて

ギュッと抱きしめる事なんです。

 

イライラしている時に抱きしめるなんて

と思うかもしれません。

 

ですが、

子供という愛しい存在を抱きしめると

親子の間で

幸せホルモンと呼ばれる

オキシトシンが分泌されます。

 

このオキシトシンには心を落ち着かせ

イライラにより上がった血圧を

下げる効果があるのです。

 

子供と離れる事が難しい場合等は

抱きしめる方法を試してみては

いかがでしょうか。

 

子供との絆も深まります。

 

<大人気おすすめ>

 

子育てのイライラを抑える3つの方法!上手くコントロールして楽になろう

その3:子育て中のイライラを抑えるには深呼吸も効果あり

 

古典的な方法に思われるかもしれませんが、

深呼吸もイライラを抑えるのに

効果を発揮してくれます。

 

人はイライラしていると、

呼吸が浅くなり交感神経が

過敏な状態が続くものですが、

呼吸を意識して深くすると

自律神経のバランスを

整える事が可能になります。

 

深呼吸なんて全く効果がないと

感じている人は、

正しいやり方をしていない可能性も。

 

深呼吸というと

背筋を伸ばし胸を張り

お腹を膨らませるように鼻から

息を吸う腹式呼吸の事だと

勘違いをしている人も

少なくありません。

 

ですが

イライラを抑える深呼吸とは

腹式呼吸の事ではないのです。

 

子育て中にイライラした時

イライラしそうな時には、

以下の呼吸方法を試してみて下さい。

 

肩を張らず背中を丸めにして

鼻からゆっくり息を吸い込みます。

 

お腹を膨らませるのではなく

背中に空気を送り込む様な感覚を

意識しましょう。

 

息を吐く時は

口から吸う時の倍時間をかけて

少しずつ吐き出します。

 

身体からシュルシュルと空気が

抜けていく様な感覚があるはずです。

 

この深呼吸を5回程繰り返して下さい。

 

スポンサーリンク

 

子育てのイライラを抑える3つの方法!上手くコントロールして楽になろう

その4:まとめ

 

子育て中に、

イライラしない事は難しくても

その感情を抑えるのは可能です。

 

イライラした時や

イライラしそうな時には、

3つの方のいずれかを試してみて下さい。

 

子供のわがまま等でイライラした時には、

子供と別の部屋へ移動をしたり

トイレへ入ってみたりと

わざと距離を置いてみましょう。

 

子供と離れる事で

気持ちをクールダウンすれば、

むやみに怒ったり

怒鳴ったりする心配もありません。

 

これはある程度年齢のいった子供に

特に有効な方法です。

 

子供も親と離れて

気持ちを落ち着かせる事が出来るので

お互いにメリットがあります。

 

またイライラした時、

あえて子供を抱きしめる方法も

試してみましょう。

 

イライラをぶつけてしまいそうになったら

子供をギュッと抱き締めてみて下さい。

 

抱き締める事で幸せホルモンが分泌され、

刺々しくなった心が

丸くなっていくでしょう。

 

上記の2つにプラスしてみて欲しいのが

深呼吸をするという事。

 

肩や胸を張らずに

鼻からゆっくり息を背中へ吸い込み、

倍の時間をかけて口から息を吐き出します。

 

深呼吸により自律神経が整う為、

イライラが収まり易くなりますよ。

 

子育てに付き物のイライラは、

上手くコントロールする事が重要ですね。

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です