子供のアレルギー検査にかかる費用って?子供に多いアレルギー項目とは?

健康

子供のアレルギー検査にかかる費用って?子供に多いアレルギー項目とは?

 

皆さんは、お子さんのアレルギー検査をした事はありますか?

 

アレルギー検査と一口で言っても

大人の様に採血をして検査をするばかりではありません。

 

子供のアレルギー検査には

お子さんに負担を掛けずに、

検査をしてくれる病院もあります。

 

アレルギーは、原因となる物質が体内に入り、

自身の許容量を超えた際に症状が現れます。

 

症状が出るまでは、アレルギーの有無が分からず

突然、アナフィラキシーショックを起こしてしまう事もあります。

 

お子さんに多く見られるアレルギーには、

物以外にも原因がある事はご存知でしょうか。

 

現代病とされている花粉症等も、

最近は発症年齢が低年齢化していて

未就学児の発症率も上がっています。

 

今回は、

そんなお子さんのアレルギーの悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

育児のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

子供のアレルギー検査はどこで受けるのが正解?受けるタイミングはいつ?

子供の髪の毛に白い粉が!フケ?シラミ?簡単に見分ける方法と対処法は?

子供にハーネスを付ける事への賛否?!子供への影響と、母の心理のお話。

 

スポンサーリンク

 

子供のアレルギー検査にかかる費用って?子供に多いアレルギー項目とは?

その1:子供に多いアレルギー項目と主な症状

 

 

 

 

まず始めに、

お子さんによく見られるアレルギーについて知っていきましょう。

 

主な症状についてもお話しますので、参考にしてみて下さい。

 

【アナフィラキシー】

原因物質を体内に取り込んだ事で起こる症状。

短時間で急速に全身症状が現れる。

全身蕁麻疹や呼吸困難が起こり、

数分で重症化する事もある。

 

【気管支喘息】

気管支の収縮からくる「ぜんそく」

呼吸が苦しそうに見え、

ゼーゼーした特徴のある呼吸音。

重症化すると呼吸困難になる可能性がある。

 

【卵アレルギー】

特に白身に対して反応する事が多い。

離乳食の時期などは少量から始めると良いとされている。

現在では、食品の多くに卵が使われているため、

食品選びに気を付けなければいけない。

 

【花粉症】

特定の花粉を取り込んだ際に発症する。

鼻水、鼻づまり、くしゃみ等の症状がある。

ヒスタミン系薬使用の他にも、

慣らして抑制する治療法がある。

 

スポンサーリンク

 

子供のアレルギー検査にかかる費用って?子供に多いアレルギー項目とは?

その2:検査に適切な時期

 

 

 

 

続いては、検査時期についてです。

 

小さな赤ちゃんでも、検査は可能ですが

どの物質にアレルギー反応を起こしているか

見極める事が難しく確定診断をするのは、

もう少し成長してからの2~3歳以降が良いです。

 

アレルギー検査は、

必ず行わなければいけない物ではありませんので、

お子さんの様子を見ながら、

掛かり付けの医師に相談するのが良いです。

 

ですが、食物アレルギーなどに関しては不安もありますよね。

 

乳幼児に多い食物アレルギーは、

卵、牛乳、小麦 です。

 

これらを初めて与える際は、

体調を整えた上で、ごく少量から与えていきましょう。

 

検査時期の決まりはありませんが、

アトピー性皮膚炎や

アレルギーを疑う症状が多発している場合は、

出来るだけ早く医師に相談しましょう。

 

<大人気おすすめ>

 

子供のアレルギー検査にかかる費用って?子供に多いアレルギー項目とは?

その3:検査費用と検査内容

 

 

 

 

では、最後に費用と検査内容についてです。

 

費用ですが、保険診療外となると

約2万円程度が必要になってきます。

 

症状があり、何らかの治療が必要となれば、

保険診療となり、5千円程度の費用がかかります。

 

ですが、保険診療となると、

子ども医療補助がある自治体でしたら

通常病院にかかる時と同じように

補助が受けられます。

 

検査内容は、一般的な物だと血液検査となります。

 

小児科や小児アレルギー科の場合だと

皮膚テストという物も扱っている病院もあります。

 

皮膚テストというのは、

針などで小さく傷をつけた箇所に

アレルギー物質を垂らし反応を見るという物です。

 

また、重篤なアレルギーがある場合は、

食物経口負荷試験

という検査を行う場合もあります。

 

アレルギーが疑われる食品を少量ずつ与えて、

その後の症状を見るという物です。

 

こちらは、

入院施設があるような病院で受ける事が出来ます。

 

一般的には、

血液検査や皮膚テストを行い、

治療や家庭内でアレルギーを除去して、

様子を見る事が多いです。

 

スポンサーリンク

 

子供のアレルギー検査にかかる費用って?子供に多いアレルギー項目とは?

その4:まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

お子さんのアレルギーは、

食品や花粉など原因は沢山ありましたね。

 

アレルギーの疑いがあるかどうかは

日々の生活で見つける事が出来ます。

 

検査時期は、お子さんの年齢や症状によって様々です。

 

ある食品で蕁麻疹や痒みが出た場合や

自然の中で遊んだ際に、

くしゃみや鼻水などが酷くなるなどを

気を付けて見ていく事が大切ですね。

 

特に、乳幼児期の卵、牛乳、小麦などは

与えた始めの時期だけでなく、

体調が悪い時等に症状が出る場合もあります。

 

費用に関しては、保険診療で行う事もできますから

症状が酷い場合は、医師に相談しましょう。

 

その際、どんな体調の時にどんな症状が出たのか

摂取してからどれくらい時間が経っていたか等

詳しい状況を説明すると良いです。

 

お子さんのアレルギーの疑いは

家庭での様子も、大切な情報源ですから、

しっかり医師に伝えていきましょう!!

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました