子育て中の食事の悩みをどうにかしたい!お悩み解決法と食事マナーのお話

子育て

子育て中の食事の悩みをどうにかしたい!お悩み解決法と食事マナーのお話

 

子育てをしていると悩みは尽きない物ですが、

一番ママ達を悩ませているのは

【食事】の悩みではないでしょうか?

 

好き嫌いを無くそうと、

一生懸命、用意した食事に

全く手を付けてくれなくて

ママの気持ちが

折れてしまったという声も良く聞きます。

 

好き嫌いというのは、

味覚の発達や自我の目覚めからくるとされていて、

成長の証ですから、無理に食べさせるだけでなく

ちょっとした工夫をする事で

すんなり食べてくれる事もあります。

 

その、ちょっとした工夫を

今日は、読み解いて行きましょう!

 

最後に、幼少期から教えていきたい

お子さんの食事マナーの躾についても

お話しますので、参考にしてみて下さい!

 

今回は、

そんなお子さんの食事の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

育児のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

共働きで子供の食事の用意ってどうしてる?ママの本音と負担軽減メニュー

保育士なのに子育てに失敗する!?経験が仇になるの?親になる心得のお話

子供のアレルギー検査はどこで受けるのが正解?受けるタイミングはいつ?

 

スポンサーリンク

 

子育て中の食事の悩みをどうにかしたい!お悩み解決法と食事マナーのお話

その1:お子さんの食事の悩みベスト3

 

 

 

 

では、ママ達は食事の際、

どんな事に頭を悩ませているのでしょうか。

 

ランキングにしてみました!

 

ベスト3:食べるのが遅い又は早い

遊びながら食べてしまったり、

椅子から立ち上がって動き回っていて

食事が進まない。

良く噛んで食べると伝えていても

噛まずに飲み込む事があり、心配になる。

 

ベスト2:栄養バランス

成長に必要な栄養素を、

食事で出せているか不安。

小食の為、栄養不足になっていないかか心配。

 

ベスト1:好き嫌いがある

野菜は工夫しても食べてくれない、

お菓子やデザートは食べるけど

肝心のご飯を食べてくれなくて困っている。

食わず嫌いが多く、いつも同じものを食べている。

 

その他にも、

園では食べるのに家では食べてくれない、

食べる事が大好きで、食べ物を隠している

等がありました。

 

スポンサーリンク

 

子育て中の食事の悩みをどうにかしたい!お悩み解決法と食事マナーのお話

その2:先輩ママがやってきた解決法とは?

 

 

 

 

では、このような悩みは

どのように解決していくのが良いのでしょうか。

 

先輩ママ達に聞いてみましょう!

 

【栄養バランス】

・気にし過ぎず、数日単位でバランスを見た。

・偏ってしまったら、翌日でバランスを取った。

 

【食べるのが遅い】

・早く食べ終わると良い事があると伝えた。

(早く公園に行ける、お友達と会える等)

・少食だったので、食べきれる量を盛りつけた。

・手で掴める物や食べやすい形で出した。

 

【遊び食べ】

・時間を決めて、半分以上食べていたら下げる。

・自分も食べ終わるまで作業をせずに付き添った。

 

【食べるのが早い】

・噛みごたえのある食材を取り入れた。

 

【好き嫌い】

・野菜はフードプロセッサーで細かくして

好きなメニューに混ぜた。

・一口だけよそって、食べられたら褒める。

・食事の前は時間を決めて、

おやつ等を食べさせないようにした。

 

この様な工夫をする事で

先輩ママ達は解決してきました。

 

固く考えずに、食べる時は食べるから

と、あまり気にしない様にしたら

気持ちが楽になったという声もありました。

 

<大人気おすすめ>

 

子育て中の食事の悩みをどうにかしたい!お悩み解決法と食事マナーのお話

その3:いつから教える?子供の食事マナー

 

 

 

 

では、最後にお子さんの食事マナーについて

お話していきます。

 

食事のマナーは、言葉を理解出来るようになってからが

最適と言われています。

 

ですから、2~3歳くらいから少しずつ

教えていくのが良いタイミングです。

 

ですが、気を付けて欲しい事があります。

 

それは、食事は楽しい物という事を

第一に考えてマナーを教えていくという事。

 

注意される事が多くなると、お子さんは

食事の時間がつまらなくなってしまい

食事自体が嫌いになってしまうかもしれないからです。

 

マナーを教える時は、

何種類も一気に教えずに、一つずつ教える。

 

いただきますやごちそうさま等

家族全員で、マナーを守っていきます。

 

食事の際は、立ち上がらないや

茶碗を持てなくても、手を添える等の

最低限のルールを決めておくと

お子さんも困惑せずに済みます。

 

スポンサーリンク

 

子育て中の食事の悩みをどうにかしたい!お悩み解決法と食事マナーのお話

その4:まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

お子さんの食事の悩みは

育児には付き物でしたね。

 

食べるのが遅かったり、好き嫌いが多いのは

沢山のママ達が経験しているようでした。

 

調理法を変えてみたり、

一口だけでも食べられたら褒めてあげる事で、

お子さんが食べる事に意欲を持ちますから

少しずつ悩みも解消されていくのではないでしょうか。

 

また、

作る側の気持ちとしては栄養バランスも気になる所でしたね。

 

ですが、あまり固く考えずに、

数日単位でバランスが取れていればOK

と気持ちを軽くする事も大切ですね。

 

食事マナーに関しては、

幼い頃から教えてあげる事が大切です。

 

お子さんの年齢によって、

出来る事と出来ない事がありますから

最低限のマナーを少しずつ教えてあげて

楽しい食事の時間をおくって下さいね!

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました