子供のアレルギー検査!花粉症を未然に防ぐ為にも知っておきたい3項目!

健康

子供のアレルギー検査!花粉症を未然に防ぐ為にも知っておきたい3項目!

 

春先になると、鼻がムズムズ、目がゴロゴロ。

大人でも辛い花粉の時期。

 

小さなお子さんが花粉症となると

見ていてとても辛くなりますよね。

 

大人の様に我慢する事は難しいですから

目を擦ってしまったりすると腫れてしまう事もあります。

 

少しの鼻水が出ている程度でしたら良いですが、

鼻が詰まってしまうと苦しくなってしまい

夜も熟睡する事が出来ません。

 

安易に薬を与える事に躊躇する方もいるのではないでしょうか?

 

お子さんのアレルギーを未然に防ぐ為にも

まずは、アレルギーとはどんな物なのかを知り

掛かり付けの先生に相談して、検査の必要性を検討してみましょう。

 

今回は、

そんなお子さんの花粉症

アレルギー検査について

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

育児のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

子供のアレルギー検査はどこで受けるのが正解?受けるタイミングはいつ?

子供の髪の毛に白い粉が!フケ?シラミ?簡単に見分ける方法と対処法は?

子育てのイロハ。アンガーマネジメントで気持ちを楽にする、おすすめ本。

 

スポンサーリンク

 

子供のアレルギー検査!花粉症を未然に防ぐ為にも知っておきたい3項目!

その1:子供の花粉症?アレルギー原因とは?

 

 

 

 

皆さんは、アレルギーがどんな物か知っていますか?

アレルギーとは、

特定の物質に体が過敏に反応して起こる現象の事です。

 

痒みや粘膜の炎症などが多く見られ、

蕁麻疹を発症する事もあります。

 

アレルギーは、アレルギーの原因物質が、

体内に蓄積され、飽和状態になった際に発症します。

 

この飽和状態になる許容量は、個人個人違いますので

ご両親がアレルギーを発症していない場合でも、

お子さんが発症する事もあります。

 

アレルギーの原因は様々ですが、

花粉や食物アレルギー、動物性の物以外にも、

お子さんに多く見られるのが、ダニアレルギーです。

 

こちらは通年性のアレルギー鼻炎とされ、

畳の部屋で過ごしたり、手入れ不足の布団などで寝た場合等に

起こるとされています。

 

春先になると花粉症と重なってしまい

症状が酷く出てしまいますから、

早めにアレルギー検査をして原因を追究し

治療を行ってあげて下さい。

 

スポンサーリンク

 

子供のアレルギー検査!花粉症を未然に防ぐ為にも知っておきたい3項目!

その2:子供の花粉症の見分け方と検査方法

 

 

 

 

続いては花粉症の見分け方についてです。

 

子供はよく風邪を引きますよね。

 

熱が出る事は、頻繁に無くても鼻水が出ている事はありませんか?

 

ですが、春先に鼻水が出ているからと言っても、花粉症とは限りません。

 

見分け方のポイントは、痒みの症状です。

 

花粉症を発症すると、目や鼻などの粘膜に炎症が起こり

痒みが出ます。

 

鼻水以外に、頻繁に目を擦っていたり

鼻がむずがゆかったりした場合は花粉症を疑って下さい。

 

その他にも、風邪だと思い薬を飲み続けていても

良くならない場合は、花粉症の可能性があります。

 

また、花粉は天気の良い日や風の強い日に多く飛散しますから

そのタイミングで症状が悪化していないかも

見極めポイントになります。

 

お子さんの花粉症検査ですが、採血以外にも、

スクラッチテストという物があります。

 

皮膚に小さな傷を付けて、

アレルギーの原因となる物質液を垂らし

反応を見る事で、有無を調べる事も出来ます。

 

小さなお子さんでも負担を最小限にする事が出来ますから

対応してくれる病院を探してみて下さい。

 

<大人気おすすめ>

 

子供のアレルギー検査!花粉症を未然に防ぐ為にも知っておきたい3項目!

その3:アレルギーの重症化を未然に防げる?子供の花粉症対策!

 

 

 

では、最後に花粉症対策についてです。

 

先程もお伝えしたように、

花粉症の発症を防ぐには

体内のアレルギー物質を飽和状態にさせない事です。

 

花粉飛散している時期は、なるべく花粉に触れるのを防ぐ事で

結果的に発症を遅らせる事が出来ますので、参考にしてみて下さい。

 

【花粉が付きにくい服】

外出時などの際は、花粉の付きにくい素材の物を羽織ると良いです。

ナイロン製のウィンドブレーカーなどでしたら、

家に入る前に手で払うようにして、花粉を落とす事が出来ます。

 

【保湿】

皮膚や粘膜のバリア機能を低下させない為にも

しっかり保湿していきましょう。

肌の乾燥の他にも、体内の水分もしっかり取るようにすると尚良いです。

 

【部屋に花粉を入れない】

生活環境によっては難しいかもしれませんが、

お子さんの過ごす部屋に極力花粉を入れない事。

上着や外で遊んで物などは、花粉を落としてから部屋に入れるようにしましょう。

また、飛散量の多い日は、室内干しする等の工夫をしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

子供のアレルギー検査!花粉症を未然に防ぐ為にも知っておきたい3項目!

その4:まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか?

お子さんの花粉症は、

お子さん自身のアレルギー物質の蓄積量によって変わっていきます。

 

花粉症かも?と思ったら、

痒みが伴っていないか、

風邪薬の効き目はあるのか等を見て

見分けてみて下さい。

 

花粉症検査は、

お子さんに負担の少ない方法で検査する事も出来ます。

 

掛かり付けの病院があるようでしたら、

採血以外の検査が出来るのかも確認してみましょう。

 

また、

アレルギーが飽和状態にならない為にも

花粉症でなくても、飛散量の多い時期は注意が必要です。

 

花粉に触れる事を減らしたり、室内に花粉を持ち込まない事で

未然に防ぐ事も出来ます。

 

お子さんが花粉症を発症しない為にも

生活を工夫してみて下さいね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました