わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

英語の勉強は朝と夜のどっちが効率的?学習方法は時間帯で変えるのが正解

2019年12月07日 [ 勉強 英語 ]
Pocket
LINEで送る

英語の勉強は朝と夜のどっちが効率的?学習方法は時間帯で変えるのが正解

 

これからの世の中では、

益々英語の重要性が高まっていくでしょう。

 

学校教育だけでは、

英語の習得は難しいのが現実です。

 

英語を習得しようと思ったら、

自分で時間を作り勉強する必要があります。

 

そんな時に気になるのが、

英語の勉強は朝と夜のどちらの方が

効率的に学べるのかという事でしょう。

 

ある人は朝の方が良いと言っているけれど

別の人は夜の方が、

英語の勉強に向いていると言っている。

 

色々な意見があって迷ってしまいますね。

 

結論から言うと、

英語は朝と夜のどちらか一方よりも

短い隙間時間であっても

朝と夜の両方行う方が効果的です。

 

それは、

時間帯によって向いている勉強と

向いていない勉強があるから。

 

そこで、

英語の勉強にお勧めしたい

朝の時間の使い方と夜の使い方について

紹介していきたいと思います。

 

今回は、

そんな語学の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

語学のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

語学勉強には録音出来るラジオがおすすめ!驚きの理由と機器の選び方は?

語学留学は5日間でも可能って本当?超短期留学の前に知っておきたい事!

英語の勉強が続かない!継続のコツはずばり〇〇!おすすめ学習法も解説!

 

スポンサーリンク

 

英語の勉強は朝と夜のどっちが効率的?学習方法は時間帯で変えるのが正解

その1:朝におすすめしたい英語の勉強方法とその理由

 

基本的には、

交感神経が優位に立っている為に

集中力が研ぎ澄まされている状態です。

 

また、

朝に太陽の光を浴びる事で

セロトニンが分泌され脳は活性化されます。

 

ですから、

朝に英語の勉強時間を設ける事は

間違いではありません。

 

しかも、

睡眠中に脳は要らない情報を削除する為、

朝は脳がすっきり整理整頓された状態に

なっているのです。

 

ですから、

朝は新しい英語の知識を

身に付けやすい時間となっています。

 

新しい単元を勉強したり、

複雑な読解やリスニングを勉強するなら

朝がおすすめです。

 

昨日は解けなかった問題や

分からなかった英文を

もう一度朝に勉強してみると

すんなり理解出来る事もあります。

 

特にお勧めなのは、

朝食を摂る前に英語の勉強をする事です。

 

程よい空腹感の状態は、

脳内の活性化と集中力のアップに

繋がる事が分かっています。

 

スポンサーリンク

 

英語の勉強は朝と夜のどっちが効率的?学習方法は時間帯で変えるのが正解

その2:夜におすすめしたい英語の勉強方法

 

朝活という言葉が人気となっている今、

英語の勉強も朝にすべきという意見を

よく見かける事があります。

 

確かに朝の英語勉強は効果的ですが、

それは夜の勉強は

意味がないという訳ではありません。

 

朝と違っては、

新しい物事を覚えるのではなく、

朝や日中に覚えた知識を

定着させる勉強にぴったりです。

 

睡眠は記憶を定着させる働きもある為、

夜眠る前に朝に勉強した内容を

もう一度復習すると忘れ難くなります。

 

夜は英単語など暗記系の勉強が

おすすめだと言えるでしょう。

 

眠る直前に覚えた事が

特に記憶に残りやすくなるので、

ここは絶対に覚えておきたい部分を

ポイント的に勉強するのも良いですね。

 

ただ夜の英語勉強では注意をしたい点も。

 

あまりにも根を詰めたり考え過ぎると

アドレナリンが上昇し過ぎて

眠つきが悪くなってしまいます

 

睡眠がしっかり取れないと

記憶の定着も上手く行きません。

 

だからこそ、

夜は新しい問題や難問に取り組むより、

復習や暗記の勉強に費やすのが正解です。

 

<大人気おすすめ>

 

英語の勉強は朝と夜のどっちが効率的?学習方法は時間帯で変えるのが正解

その3:英語の勉強は朝と夜に無理なく進める!

 

英語の勉強は、

朝に新しい知識を頭に入れ込み、

夜の時間は復習や暗記

あてると良いでしょう。

 

ですが、

どちらの時間帯に勉強をするとしても

無理は禁物だと頭に入れておきましょう。

 

例えば夜型の人間が

いきなり早起きをしたり、

時間に追われながら無理に勉強をしても

効率良く英語を習得する事は出来ません。

 

同じ様に、

眠いのに夜更かしをしてまで勉強しても

それは効率的ではありません。

 

英語の勉強は、

少しずつ積み重ねて行く事が大切です。

 

続きそうもない無理な勉強の仕方よりも、

朝に10分勉強をして

夜も10分勉強をするという習慣を

毎日続ける方が余程効果的なのです。

 

たったの10分なら、

朝も夜も英語の勉強をする時間を

取る事が出来るのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

英語の勉強は朝と夜のどっちが効率的?学習方法は時間帯で変えるのが正解

その4:まとめ

 

英語が出来る様になりたいと

思っている人は多いはず。

 

忙しい中で勉強をするなら、

出来るだけ効率的に学習したいものです。

 

そんな時、

朝と夜どちらの方が

英語の勉強に向いているのか

知りたくなるのは当然の事でしょう。

 

正解は、

勉強内容を変えつつ朝と夜の2回、

英語の勉強をする事でした。

 

それは朝と夜の脳の違いに理由があります。

朝は脳の情報が

睡眠中に整理された状態なので、

新しい知識を吸収するのに最適な時間。

 

また朝は脳が活性化し、

集中力も高まっています。

 

夜に覚えた内容は睡眠中に定着しやすいので

夜は暗記や復習に時間を使うのが有効。

 

こうして内容を変えて

勉強をしていくのがお勧めです。

 

しかし、

無理をして夜更かしをしたり、

朝にぼーっとなりながら勉強をしても

質の良い英語の勉強は出来ません。

 

自分のライフスタイルと相談をしながら

朝夜10分ずつからでも英語の勉強に

チャレンジして行きましょう。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です