わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

語学の独学はアウトプットが重要になる理由は?お勧めしたい勉強方法とは

2019年12月09日 [ アウトプット 独学 語学 ]
Pocket
LINEで送る

語学の独学はアウトプットが重要になる理由は?お勧めしたい勉強方法とは

 

語学学校に通うお金や時間がない、

自分のペースで勉強をしたい!

 

そんな理由から独学で語学を

マスターしようと日々勉強に

励んでいらっしゃる方も多いでしょう。

 

ですが、

忙しい中で時間を見つけ

コツコツ勉強をしているのに

中々成果が上がらないと悩んでいませんか?

 

もしかすると語学力が

伸び悩んでいる理由はアウトプットの

足りなさにあるのかもしれません。

 

独学で語学を勉強している人の中には、

インプットに時間を掛けるあまり、

アウトプットが

疎かになっている可能性があるのです。

 

独学で語学をマスターする為には、

アウトプットが大変重要になっていきます。

 

今、

アウトプットの重要性が叫ばれる理由と

効率的な語学の独学のやり方について

覚えておくと役立つでしょう。

 

今回は、

そんな語学の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

語学のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

英語の勉強は朝と夜のどっちが効率的?学習方法は時間帯で変えるのが正解

語学勉強には録音出来るラジオがおすすめ!驚きの理由と機器の選び方は?

語学留学は5日間でも可能って本当?超短期留学の前に知っておきたい事!

 

スポンサーリンク

 

語学の独学はアウトプットが重要になる理由は?お勧めしたい勉強方法とは

その1:語学のアウトプットとは?独学でもアウトプットが重要な理由

 

アウトプットと言われても、

実際にどんな勉強が

語学のアウトプットにあたるのでしょうか。

 

英語のoutputとは、

産出や出力という意味になります。

 

勉強というジャンルで使われている

アウトプットとは学んだ事や得た知識を

実際に使って何かを産み出したり

問題を解いていく様な作業を指します。

 

どうして語学の勉強では、

特にアウトプットの重要性が叫ばれるのか?

 

それは語学は覚える学問ではなく、

実際に使えなければ

あまり意味がないからでしょう。

 

独学をしてまで語学を勉強するのは、

世界中の人と英語でコミュニケーションを

取りたいという目標の為であったり、

グローバルな世界で活躍をしたいといった

願望があるからのはずです。

 

英語を使える様にする事が

最終的な目標なのであれば

インプットで単語や熟語を

頭に詰め込むだけでは

目標を達成する事は出来ません。

 

語学をマスターする為には

アウトプットを意識するのは、

当然の事だと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

語学の独学はアウトプットが重要になる理由は?お勧めしたい勉強方法とは

その2:これで語学のアウトプットが出来る!上手なライティングの独学方法

 

語学勉強のアウトプットというと、

一つがライティングになります。

 

独学でアウトプットをするには、

英語でブログや日記を書く事が有効です。

 

また、

Twitterなどを英語で発信するのもお勧め。

 

日記だと何を書けば良いのか

内容に迷ってしまう事もあるでしょう。

 

Twitterなら、

特に意味のないつぶやきでOK

 

だから気軽にアウトプットが出来ます。

 

ただ、

この場合は自分の書いた英文が適切なのか

確かめる手段がありません。

 

そこでプラスして行いたいのが

日本語を英語に直す練習をする事です。

 

後に解答例と照らし合わせる事で

自分の弱点やレベルが明確に分かります。

 

独学でアウトプットをする際には

質と量が重要になるものです。

 

Twitterやブログの英語発信で量をこなし、

日本語を英文にする勉強で質を上げていく。

 

これなら独学でも全く問題なく

アウトプットが出来ますね。

 

<大人気おすすめ>

 

語学の独学はアウトプットが重要になる理由は?お勧めしたい勉強方法とは

その3:独学でも出来る!スピーキングでアウトプットする方法

 

語学のアウトプットでは、

ライティングと同様にスピーキング

とても大切になると言われています。

 

しかし、

ライティングならまだしも

スピーキングを独学で

アウトプットするのは無理じゃないか、

そんな風に思っていませんか?

 

ここでは、

独学でも可能なスピーキングの

アウトプット方法を紹介します。

 

それは、

言葉を瞬間的に英語で発する練習。

 

独学でクイックレスポンスの

練習をするには、

一問一答式の問題集を使ったり

日常生活の中で頭に浮かんだ事を

そのまま英語で発するという練習を積み重ねる事です。

 

例えば、

ふと窓の外を見て空が青いなぁと思ったら

The sky is a blueと呟いてみる。

 

これなら相手がいなくても

アウトプットが出来ますね。

 

難しい単語や文法を使おうと頑張るより、

思い付いた事をパッと英語でつぶやく、

この方がアウトプットとして

何倍も有効なのです。

 

スポンサーリンク

 

語学の独学はアウトプットが重要になる理由は?お勧めしたい勉強方法とは

その4:まとめ

 

独学で語学を勉強すると、

ついインプットに力が入り過ぎるもの。

 

アウトプットよりもインプットに

多くの時間を割いてはいませんか?

 

勿論、

語学をマスターするには

インプットもとても大切です。

 

知識がゼロではアウトプットは出来ません。

 

ですが、

独学ではインプットに偏りがちなので

意識をしてアウトプットするのがお勧め。

 

ライティングとスピーキングの2本柱で

積極的にアウトプット学習をしましょう。

 

インプットで単語や文法を完璧にしてから

アウトプットをと考えがちですが、

英語を使える様にする為には、

インプットは完璧である必要はありません。

 

初めはインプットとアウトプットが

4対6の割合になる様に勉強を進め、

最終段階では2対8の割合で独学をすると

効率的に語学をマスター出来ます。

 

独学ではアウトプットの練習は、

難しいと思われがちですが

思い付いた事を英語で書いたり、

つぶやく事を意識するだけでも

アウトプット量が格段に増えるでしょう。

 

勉強時間の割りに語学が身に付かないなら

インプットに比べてアウトプットが

足りていないのかもしれません。

 

一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です