わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

英語の勉強に向くのはノート?ルーズリーフ?特徴を知れば答えが分かる!

2020年01月16日 [ ノート ルーズリーフ 勉強 英語 ]
Pocket
LINEで送る

英語の勉強に向くのはノート?ルーズリーフ?特徴を知れば答えが分かる!

 

試験の為に英語の勉強をする学生、

ビジネスに活用したいと

英語を勉強する社会人。

 

また、

世界中の人とコミュニケーションを

取りたいという目標がある等、

英語を勉強する理由は人それぞれです。

 

人の数だけ英語の勉強方法がある中で、

ノート類を利用して

学習している方も多いでしょう。

 

ノートには、

ページを糸やホッチキス

接着剤で綴じている物や

リングノート等があります。

 

また、

筆記に使用するという用途は同じですが、

ルーズリーフという商品も

ありますね。

 

英語を勉強する場合、

一般的な綴じノートとルーズリーフ

お勧めなのはどちらになるのでしょうか。

 

その答えを探るには、

綴じノートとは違う

ルーズリーフの特徴やメリットと

デメリットを知る必要があります。

 

今回は、

そんな語学の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

語学のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

英語の勉強が出来ない社会人へ!初心者にお勧めの学習方法と勧めない方法

語学の独学はアウトプットが重要になる理由は?お勧めしたい勉強方法とは

英語の勉強は朝と夜のどっちが効率的?学習方法は時間帯で変えるのが正解

 

スポンサーリンク

 

英語の勉強に向くのはノート?ルーズリーフ?特徴を知れば答えが分かる!

その1:英語の勉強に使う前に!ノートとルーズリーフの特徴を知ろう

 

綴じノートは大学ノートに代表される

極普通のノートなので、

詳しい説明は不要でしょう。

 

一方ルーズリーフというのは、

綴りタイプのノートと違って自由に用紙を

綴じたり外したり出来る

タイプのステーショナリーです。

 

用紙の端に綴じ用の穴が開いており、

それをリング式のバインダーに

綴じて使うようになっています。

 

また、

ルーズリーフと言っても

その用紙には複数の種類があります。

 

一般的な横罫線タイプの物、

方眼用紙タイプや

無地タイプといった様に

用途に合った物を

選ぶ事が出来るのです。

 

最近では、

英語の勉強に向いた単語暗記用や

記述勉強に向いたもの

マークシートの練習用等

バラエティに富んだルーズリーフも

販売されるようになりました。

 

どうやら綴じノートと比べると

ルーズリーフは色々な面で

自由度が高いというのが、

大きな特徴だと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

英語の勉強に向くのはノート?ルーズリーフ?特徴を知れば答えが分かる!

その2:上手に使うにはノートとルーズリーフのメリットデメリットを知ること

 

自由度の高いルーズリーフですが、

その特徴が

メリットにもデメリットにも。

 

ルーズリーフなら

英単語の暗記や文法の勉強、

演習問題など英語の勉強内容に合わせ

用紙のタイプを変えて

一冊にまとめられるという点が、

メリットになるでしょう。

 

また、

綴じノートと違って

後から勉強の付け足しが

簡単に出来るのも良い点です。

 

英語の勉強は繰り返しが大切ですから、

繰り返す内に新たに気付いポイントを

追加したいしたいと思った時に、

単元毎にまとめる事が出来ますね。

 

これが綴りノートだと

後から勉強した分は、

離れたページに追加するしかなく

単元毎にまとめられません。

 

加えて、

ルーズリーフは

インデックスカード

好きなページに自由に挟む事も可能。

 

これにより今確認したい単元、

勉強したい部分を

パッと開く事が出来ます。

 

小さい事の様に思えますが、

ノート類は使いやすさが重要。

 

その点を考えると、

ルーズリーフにはメリットが

沢山あります。

 

デメリットとしては、

自由度が高いだけに

人によってはゴチャゴチャになりがち。

 

整理が苦手な人

綴じノートの方が使い易いでしょう。

 

両者はメリットデメリットが

反対になると言えます。

 

<大人気おすすめ>

 

英語の勉強に向くのはノート?ルーズリーフ?特徴を知れば答えが分かる!

その3:自分が英語勉強に使いやすい物をチョイス!使い分けもお勧め

 

綴りノートとルーズリーフ、

英語の勉強をするなら

どちらの方が良いのか?

 

実は正解はありません。

 

というのも、

人によってどちらを

使いやすいと感じるかは違うからです。

 

英語の勉強に限らず、

自分に合った

ステーショナリー

使うのが一番のポイントになります。

 

もし、

英語の勉強に

ルーズリーフを使うのであれば

そのメリットとデメリットを

考えた上で勉強に役立てて下さい。

 

また、

何も英語の勉強では、

どちらか一方のみを使用しないと

いけない訳ではありません。

 

板書には綴りノートを使用して、

一人勉強にはルーズリーフを使い

オリジナルの参考書を作るといった

使い分けもお勧めです。

 

基本的には、

ルーズリーフでも綴じノートでも

自分にとって使いやすい方を使うのが

賢明な英語勉強方法です。

 

また、

勉強内容によって使い分ける事が出来れば、

より効率的に英語を学習出来るでしょう。

 

スポンサーリンク

 

英語の勉強に向くのはノート?ルーズリーフ?特徴を知れば答えが分かる!

その4:まとめ

 

単語や熟語の練習に使用したり、

練習問題の解答や英作文の記述にと

大活躍のノート類。

 

英語の勉強に欠かせないという人も

多いものですよね。

 

そんな英語の勉強には、

用紙がホッチキスや接着剤等で

綴じてあるタイプの一般的なノートと

自由度の高いルーズリーフ、

どちらが英語勉強に向いているか

気になりませんか?

 

ルーズリーフなら、

一冊のノートで英語勉強の全てを

まとめる事が可能。

 

しかも、

あとから好きな場所に

ページを追加する事も出来るから、

繰り返しの勉強にも便利です。

 

ただし、

綴じノートと違って

整理が苦手な人は、

ページを紛失したり

内容がごちゃごちゃになってしまう事も。

 

基本的に

英語勉強に使うノートは、

自分が使いやすいと感じるタイプを

使うのがベスト。

 

それぞれの特徴から、

自分に合ったタイプを使いましょう。

 

また、

勉強内容や用途によって

綴じノートとルーズリーフを

使い分けるのもお勧めです。

 

どちらか一方に拘らず

上手く利用して勉強しましょう。

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です