わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

引っ越し初期費用を抑える為に敷金礼金なし物件を探す人が注意する事は?

2020年03月18日 [ 初期費用 引っ越し 敷金礼金なし ]
Pocket
LINEで送る

引っ越し初期費用を抑える為に敷金礼金なし物件を探す人が注意する事は?

 

新しい生活のスタートには、

引っ越しが伴う事も多いものですね。

 

引っ越しは、

何かと準備が大変で

手間暇がかかりますが、

それだけではなく

金銭面の負担も小さくありません。

 

特に賃貸マンションやアパート等を

借りて引っ越す場合は、

初期費用が大きな負担になりがちです。

 

引っ越し費用を節約しようと

初期費用を出来るだけ抑える為に、

敷金礼金なしの賃貸物件を

探してはいませんか?

 

ですが、

敷金礼金なしの物件なら

本当に初期費用を抑える事が

出来るのでしょうか。

 

敷金礼金なしという言葉だけに

飛び付くのは、

少々危ないかもしれませんよ。

 

敷金礼金なし物件を選ぶ際には、

注意しなければいけない点もあります。

 

引っ越しは、

大きなお金が動くイベントですから、

後悔をしない様にしておきたいですね。

 

今回は、

そんな生活の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

生活のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

マスクの正しい付け方を覚えよう!裏表や上下の間違った見分け方に注意!

痩せて背中も痛い!こんな症状は危険なサイン!どんな病気が考えられる?

花粉症で肌荒れが起きる事も!そんな時におすすめのスキンケアとNGケア

 

スポンサーリンク

 

引っ越し初期費用を抑える為に敷金礼金なし物件を探す人が注意する事は?

その1:引っ越し先の物件を探す前に覚えておきたい!初期費用の大部分を占める敷金礼金とは?

 

引っ越しの際に

大きな負担となる初期費用。

 

初期費用がネックとなって

引っ越しを諦めたり、

躊躇してしまう人もいます。

 

そんな初期費用の大部分を占めるのが、

敷金と礼金になります。

 

ですが、

そもそも敷金や礼金とは

何の為に発生する費用なのでしょうか。

 

まずはそこから

ハッキリとさせていきましょう。

 

敷金は、

賃貸物件を退去する際に

原状回復や修繕に

充てられる費用になります。

 

ですから、

部屋の状態によっては

後から戻ってくる事もあるお金です。

 

礼金は、

大家に部屋を貸して貰う

お礼代わりに支払う費用なので、

戻ってくる事はありません

 

ちなみに大家とは、

その賃貸物件の所有者の事です。

 

敷金礼金の金額は決まっていませんが、

相場としては

敷金が家賃の2~3ヶ月分、

礼金は1ヶ月分が多くなっています。

 

ですから、

家賃の高い物件になる程

敷金礼金も高くなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

引っ越し初期費用を抑える為に敷金礼金なし物件を探す人が注意する事は?

その2:敷金礼金なし物件なら初期費用は掛からないの?

 

中には敷金礼金がない物件なら、

初期費用が掛からないと

思っている人もいるようです。

 

確かにその分の費用は押さえられますが、

それでも引っ越しには

部屋を借りるだけで

大半は10万単位のまとまったお金が

掛かるのが普通です。

 

何故なら支払いが滞った際の保証として

家賃の数ヵ月分を

前払いしなければいけないからです。

 

その金額は一般的に家賃の2ヶ月分

 

また、

不動産屋に対して仲介手数料が

0.5~1ヶ月分発生します。

 

物件によって鍵の交換代や損保、

ハウスクリーニング費用等も

掛かってきます。

 

その為、

家賃6万円の敷金礼金なし物件でも

20万円以上の初期費用が発生すると

考えておいた方が良いでしょう。

 

そうでなければ、

見積もり書を見た時に

驚いてしまうかもしれません。

 

<大人気おすすめ>

 

引っ越し初期費用を抑える為に敷金礼金なし物件を探す人が注意する事は?

その3:引っ越しで敷金礼金なし物件を探すならこんな点に注意!

 

初期費用を少しでも浮かせたい!

 

そんな気持ちから、

ネットや不動産情報誌で

一生懸命敷金礼金なし物件を

探している人もいるでしょう。

 

敷金礼金の相場を見ても分かる通り、

その金額は大きいですから

気持ちはよく分かります。

 

ですが、

敷金礼金なし物件にも

注意をしたい点があります。

 

一つは、

上記でも触れた様に

家賃の前払いや仲介手数料等

他にも初期費用は掛かるという事。

 

もう一つは、

敷金がない場合は、

出て行く時に高額な料金を

請求されるケースがあるという事です。

 

敷金とは、

借りていた部屋の回復や修繕に

充てる費用だと説明しました。

 

敷金0の物件とは、

現状回復や修繕の必要が

ない物件という訳ではありません。

 

借りていた部屋を汚したり、

破損した場合には、

契約の内容に則った責任を

借り主も負う必要があります。

 

そのため大家の負担に

ならない分に至っては、

入居の際の初期費用は押さえられても

退去時に費用が請求されるのです。

 

勿論幾ら請求されるかは、

その時になってみないと分かりません。

 

ですから敷金なしの物件は、

必ずしもお金が

掛からない訳ではないのです。

 

スポンサーリンク

 

引っ越し初期費用を抑える為に敷金礼金なし物件を探す人が注意する事は?

その4:まとめ

 

引っ越しに掛かるお金で

大きいのが賃貸物件の初期費用。

 

最近では、

敷金礼金なしと銘打った物件も

増えてきました。

 

ですが、

敷金礼金なし物件イコール初期費用が

0円という訳ではありません。

 

敷金の相場は家賃の2~3ヶ月分、

礼金は家賃の1ヶ月分が

相場となっていますから、

確かにそれだけの金額が浮けば

初期費用の節約になるでしょう。

 

ただし、

物件を借りる時に発生する初期費用は、

それ以外にも色々とあるのです。

 

仲介手数料や家賃の前払い分、

その他オプション等を含めると

敷金礼金なし物件でも

家賃の3ヶ月分の費用は

支払える様に準備しておくと安心です。

 

また、

敷金礼金なし物件で特に注意したいのが、

敷金が0という点。

入居の際の費用は抑えられたとしても、

退去の際に原状回復費用を

請求される可能性が高いでしょう。

 

そうすると、

退去にあたってもまとまった金額を

用意しておかなければ

いけなくなるでしょう。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です