わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

コーヒーはホットとアイスで味が違う?最適な豆を知って美味しく飲もう!

2019年11月17日 [ アイス コーヒー ホット ]
Pocket
LINEで送る

コーヒーはホットとアイスで味が違う?最適な豆を知って美味しく飲もう!

 

コーヒーは、

ホットでもアイスでも

一年中美味しく飲める、

身近な飲み物ですよね。

 

夏はアイスで、

冬はホットでと、

季節や気温によって

飲み分けている方も多いでしょう。

 

コーヒー好きな方はとても多いと思いますが、

ホットコーヒーとアイスコーヒーの違いは、

温度だけではないという事を

知っていますか?

 

実は、

ホットコーヒーとアイスコーヒーは

味も風味も違うのです。

 

ですが、それだけではありません。

 

コーヒーには健康効果も

あるのですが、

その効能も違うという事で

少し驚きませんか?

 

ではその違いは、

どうしてなのでしょうか。

 

ホットコーヒーとアイスコーヒーの

違いの秘密について、

見ていきます。

 

今回は、

そんな美味しくコーヒーを飲むには?

というお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

生活に関するお悩みについて

理解が深まると思います。

 

足の指のエクササイズで土踏まずを作ろう!足裏を鍛えれば美脚効果あり!

リビング収納をおしゃれに見せる白の魅力とは?メリットや選び方を解説!

キッチンの蛍光灯の紐が切れた!そんなトラブルにはどう対応すれば良い?

 

スポンサーリンク

 

コーヒーはホットとアイスで味が違う?最適な豆を知って美味しく飲もう!

その1:ホットコーヒーとアイスコーヒーは何が違うの?

 

夏の暑い日には、

良く冷えたアイスコーヒーが

好まれる事が多いでしょう。

 

ですが、

そんな暑い日にもホットコーヒーを

チョイスする方が少なからずいるのです。

 

どうしてなのでしょうか?

 

コーヒーを飲む時は、

味や香りを楽しみたいですよね。

 

ですが、

冷たい食べ物や飲み物には、

基本的に味や香りがわかりにくいという

特徴があるのです。

 

ですので、

コーヒーの味や香りを楽しみたいという方は、

いつでもホットコーヒーを飲んでいるのです。

 

また、

コーヒーに含まれている

クロロゲン酸カフェインは、

ホットコーヒーの方が

体に素早く吸収されます。

 

クロロゲン酸は糖尿病の予防や

ダイエット効果も期待されていますので、

ホットコーヒーの方が健康効果があると

言えるのです。

 

因みに欧米では、

アイスコーヒーが

飲まれるようになったのは最近の事で、

コーヒーはホットで飲むのが一般的です。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーはホットとアイスで味が違う?最適な豆を知って美味しく飲もう!

その2:ホットコーヒー、アイスコーヒーそれぞれに最適な豆は?

 

アイスコーヒー用の豆が市販されているのですが、

ほとんどが深煎りの豆です。

 

ホットコーヒーだと苦みと

酸味のバランスが調度良い

中煎りの豆であっても、

アイスコーヒーにすると

薄く感じてしまったり、

苦みが少なく

酸味が強すぎると感じてしまいます。

 

人間の味覚は冷たいものに関しては、

苦みを弱く感じて酸味を強く感じやすい

という傾向がある為です。

 

とは言え、

アイスコーヒー用の深煎りの豆で

ホットコーヒーを淹れても問題はありません。

 

また、

ホットコーヒーに好まれる浅煎りの豆で

アイスコーヒーを淹れても大丈夫です。

 

酸味のきいた爽やかな味わいになりますので、

人によっては深煎りよりも

浅煎りのアイスコーヒーを好む可能性も。

 

いろいろ試してみると、

お好みのアイスコーヒーが

見つかるかもしれませんね。

 

<大人気おすすめ>

 

コーヒーはホットとアイスで味が違う?最適な豆を知って美味しく飲もう!

その3:コーヒーを美味しく飲むには?

 

家庭でも、

本格的な美味しいコーヒーが

飲みたいと思いませんか?

 

道具が必要になりますが、

ハンドドリップがおすすめです。

 

用意する道具はドリッパーとサーバー、

ペーパーフィルターです。

 

細口のドリップ用のポットもあると、

静かにゆっくりお湯を注ぐ事が出来ますよ。

 

ドリッパーにペーパーフィルターを

装着したら、

コーヒーの粉を

1杯(140cc)あたり

10~12g入れます。

 

コーヒーの粉はミル等で挽いた豆か、

市販の粉でも大丈夫です。

 

まずは中心部からお湯を注いで、

20秒蒸らしましょう。

 

お湯と粉が馴染みます。

 

その後、「の」の字を描くように

お湯を注いでいきます。

 

アイスコーヒーも同じ要領で淹れられますが、

氷で薄まるので粉を多めにして

濃いめに淹れましょう。

 

じっくり時間を掛けて丁寧に抽出すれば、

家庭でも

とても美味しいコーヒーが飲めますよ。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーはホットとアイスで味が違う?最適な豆を知って美味しく飲もう!

その4:まとめ

 

ホットコーヒーと

アイスコーヒーの違いは、

温度だけではありません。

 

味や風味に違いがあります。

 

冷たいものは味や風味を感じにくいので、

アイスコーヒーには深煎りの豆を使ったり、

濃いめに淹れる事をおすすめします。

 

ホットコーヒーの方が

味や風味、香りを楽しめますし、

クロロゲン酸やカフェインを

吸収しやすいので、

健康効果も期待できます。

 

とは言え、

暑い日に良く冷えた

アイスコーヒーはやっぱり

美味しいですよね!

 

道具が必要になりますが、

ハンドドリップで淹れる事で

家庭でも美味しいコーヒーを

飲む事ができます。

 

ホットでもアイスでも。

 

それぞれの違いを知ってコーヒーを

美味しく飲んで下さいね!

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です