わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

エアコンの設定温度はどの位が良い?夏の節約に効果的な設定の仕方を紹介

2020年06月15日 [ エアコン 節約 設定温度 ]
Pocket
LINEで送る

エアコンの設定温度はどの位が良い?夏の節約に効果的な設定の仕方を紹介

 

30度を超える様なうだる暑さが、

続く日も多い近年の夏。

 

在宅中はエアコンを付けなければ、

熱中症等の危険性も高くなります。

 

ですが、

夏にエアコンを稼働し始めると

気になるのが電気料金ではないでしょうか。

 

当然エアコンを付けてない季節よりも、

電気代は高くなってしまいます。

 

だからと言って、

エアコンを付けないと

前述した様に時には命に関わる事も。

 

そこで気になるのが、

夏場に冷房を使う際に設定温度は、

何度にすれば良いのかという事です。

 

快適に過ごす事が出来て、

更には節約にもなる温度設定の仕方を、

知りたいとは思いませんか?

 

ここでは、

夏場のエアコンの電気料金が

気になる方々へ向けて、

節約出来る設定温度について

紹介していきます。

 

今回は、

そんな生活の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

生活のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

エアコンの冷房が効かない!原因は故障じゃないかも!試して欲しい対処法

エアコン設置費用の相場を知っておこう!2階以上になると高くなるもの?

エアコンのカビ掃除は業者へ依頼するべき!プロを勧めるには理由がある!

 

スポンサーリンク

 

エアコンの設定温度はどの位が良い?夏の節約に効果的な設定の仕方を紹介

その1:節約をしたいなら覚えておこう!夏場のエアコンの設定温度と電気料金の関係

 

夏場のエアコンの電気料金を

少しでも節約したいと考えているなら、

基本を押さえておきましょう。

 

夏場に使用するのは、

エアコンの冷房機能となりますね。

 

基本的には、

冷房運転にする場合、

温度設定を下げる事によって

消費電力量が大きくなり、

その分電気料金もアップします。

 

エアコンは、

外の温度と設定温度に差がある程、

部屋を冷やす為に

電力を多く使わなければいけません。

 

ですから、

外気温の高い夏場は、

エアコンの設定温度を低くする程、

消費電力量がアップして

電気料金も高くなってしまうのです。

 

一体どれ位の違いが、

電気料金に現れるのかと言うと、

1度上げると10%の節約になると言う

報告があります。

 

つまり、

電気料金の節約を考えるのであれば、

夏は冷房の設定温度を高くして

外気温との差を無くす方が

良いという事ですね。

 

スポンサーリンク

 

エアコンの設定温度はどの位が良い?夏の節約に効果的な設定の仕方を紹介

その2:夏のエアコンの節約に最適な温度は?熱中症にも考慮して!

 

省エネの観点から、

夏場のエアコンの推奨温度は、

28度が良いと聞いた事が

あるのではないでしょうか。

 

しかし、

これはエアコンの設定温度ではなく、

室温の推奨温度との事。

実際には設定温度を28度にしても

部屋の温度はそれ以上という事もあります。

 

ですから、

設定温度は固定せずに、

その日の室温が28度程度になる様に

温度を調整するのがお勧めです。

 

確かにどんな時でも、

28度という高さに設定していれば、

電気料金は抑えられるでしょう。

 

しかし、

何の為にエアコンを稼働させるのか、

その意味を考えてみて下さい。

 

熱中症を予防して、

暑い中でも快適に過ごす為では

ないでしょうか?

 

電気料金節約の為に

28度と高い温度に設定しても、

快適に感じられず熱中症にでもなれば、

エアコンを付ける意味はありません。

 

<大人気おすすめ>

 

エアコンの設定温度はどの位が良い?夏の節約に効果的な設定の仕方を紹介

その3:エアコンの設定温度以外に覚えておきたい夏場の節約のコツ

 

エアコンの温度設定以外にも、

節約のコツはいくつかあります。

 

1つは風量に関してです。

 

風量は、

自動運転が1番お得だと言われています。

 

部屋の温度を下げる際は、

風量は最大で稼働しますが、

設定温度付近では小さくなる様に

自動的に調節してくれるからです。

 

ただ、

意外と風量による消費電力には、

大きな差がありません。

 

その為、

1度温度を下げるよりならば、

温度はそのままに

風量を上げた方が節約をしながら

涼しさを感じられるケースもあります。

 

温度を下げる前に、

試してみて下さいね。

 

2つ目のコツは、

風向は自動もしくは水平にする事です。

 

冷たい空気は重く、

下へ下へ流れる特徴がある為、

効率的に早を冷やすには下向きより

上向きの方が良いのです。

 

そして、

エアコンのフィルター掃除も重要。

 

冷房の効きが悪いと温度を下げる前に、

フィルターが汚れていないかチェック!

 

掃除だけで冷房の効きが見違える事も。

 

スポンサーリンク

 

エアコンの設定温度はどの位が良い?夏の節約に効果的な設定の仕方を紹介

その4:まとめ

 

夏場にエアコンの冷房を使う場合、

電気料金の節約だけを考えると、

設定温度は

高い程良いという事になります。

 

実際に、

設定温度を1度上げるだけでも

10%もの節約になると言われています。

 

そして、

その際の設定温度は、

28度であると覚えている人も

多いようです。

 

ですが、

正確にはこれはエアコンの設定ではなく

室温の事になります。

 

エアコンの設定温度の28度とは、

吹き出し口周辺の温度になるので、

室温はそれ以上になっている事が

少なくありません。

 

ですから、

室温が28度以下になる様に

エアコンの設定温度も変えるのがベスト。

 

また、

風量や風向に気を付ける事、

エアコンのフィルター掃除も

節約の為には気に掛けて下さいね。

 

設定温度を下げる前に、

上記の点を見直してみましょう。

 

それでも駄目なら、

素直に温度を下げる事が

身体の為には良いですね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です