キッチンの蛍光灯を交換した後つかない場合、超簡単驚きの復旧方法3選!

トラブル

キッチンの蛍光灯を交換した後つかない場合、超簡単驚きの復旧方法3選!

 

日が暮れてきた夕方、

夕食の準備をしている時、

突然、

キッチンの電気が切れちゃったら、

 

あ”~、もう何でぇ~!?

こんな時に電気切れちゃうのよぉ~!

 

ってなりませんか?

 

せっかく、

美味しいお料理を作ろうとしてたのに、

真っ暗になっては、

とてもがっかりになっちゃいますよね~!

 

すぐに近くのお店で蛍光灯を買ってきて

新品に交換してお料理の続きをしないと・・・

 

そして、

新品と交換して電気をつけた時・・・

 

あれ?交換したのに

電気つかないじゃない!?

 

もう~いやぁ~!

 

そんな時、

ちゃちゃっと原因を確認して

電気をつけてキッチンを

明るくしちゃいましょう!

 

女性の方の中には、

蛍光灯の交換も誰かにお願いして

自分で出来ない方も

意外といるかと思います。

 

あなたは、どうですか?

 

今回は、ご自分でも蛍光灯の交換に関しての

トラブルを簡単に解決する必見のお話です。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

お風呂やお掃除などの理解が深まると思います。

 

スマホケースをDIY!手帳型(革)の作り方を覚えて自分流にアレンジ♪

風呂の床、頑固な垢掃除にお困りの方に朗報!安心簡単驚異の掃除法3選!

デートスポットを大学生カップルにおすすめ♪これは必見失敗しない方法!

 

スポンサーリンク

 

キッチンの蛍光灯を交換した後つかない場合、超簡単驚きの復旧方法3選!

その1:蛍光灯がつかない原因は、たったの3つ!

 

蛍光灯が付かない原因は、

大きく次の3つあります。

 

  1. 蛍光灯そのものの寿命
  2. 照明機器の故障
  3. グローランプ(グロー管)の寿命

 

※グローランプとは、

蛍光灯を点灯させるた必要な放電管のことで

これが設置されているタイプのものは、

グローランプがないと蛍光灯がつきません。

 

原因としては、

故障か寿命しかないんです。

 

第一に、電気がつかない原因として

疑うのは蛍光灯の寿命です。

 

蛍光灯の両端が黒くなってきたり、

明るさが弱く、いつもより暗く感じたら

蛍光灯そのものの寿命と考えられます。

 

最初に疑うのは、

蛍光灯の寿命。

 

蛍光灯の寿命は

6,000~12,000時間。

 

つまり約2~4年

 

寿命は設置場所によっていろいろですが、

リビングルーム、バスタブ、トイレなど

生活に直結してよく使用する場所では

短くなります。

 

単純に蛍光灯の寿命という事であれば

蛍光灯の交換で万事解決!

 

そして、蛍光灯の寿命には、

2種類ありますので、

交換方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

キッチンの蛍光灯を交換した後つかない場合、超簡単驚きの復旧方法3選!

その2:蛍光灯が切れてしまう2種類の寿命とは?

蛍光灯が切れたとき、

すぐに思いつくのは、

「そろそろ寿命かな?」

という事かと思います。

 

蛍光灯の種類を調べて購入し、

交換してみたけれど、

「あれ?付かない???」

なんてことがたまに起こったりします。

 

2つの寿命のうち、

1つは、蛍光灯の寿命。

 

もう1つの原因は、

グローランプの寿命。

 

「えっ、それって何ですか?」

という方もいるかと思います。

 

私も電気関係に疎いので・・・

 

グローランプは、

照明器具に取り付けられた

ミニ電球のような器具です。

 

点灯管やグロー管とも呼びます。

 

 

蛍光灯に必要な放電管としての役割を

しているので重要な部分と言えます。

 

そしてグローランプは、

蛍光灯を点灯させる瞬間にのみ必要なものです。

 

LED電球やインバーター式照明器具とは全く違うもので、

ほとんどのケースは、

古い照明器具に取り付けられています。

 

グローランプが劣化すると、

定期的に放電することが出来なくなり、

また電気が点灯しなくなります。

 

蛍光灯が新品でもグローランプが

寿命となると点灯しないんです。

 

キッチンの蛍光灯を交換した後つかない場合、超簡単驚きの復旧方法3選!

その3:蛍光灯、グローランプを交換しても電気がつかない!

 

蛍光灯とグローランプを交換しても

点灯しない場合は、

照明器具の故障が原因の可能性が高くなります。

 

照明器具を長い期間使用すると、

電気のコードを保護するゴムの部分などの部品が劣化し、

電気を通さなくなります。

 

ショートすると

漏電や火災の原因になりますので

注意してくださいね。

 

10年以上使用されている照明器具が

あるかどうか確認しましょう。

 

漏電(電気が地面などに流れてしまう)などが

発生している時は、

余分に電気が流れているので、

電気代が高くなっている可能性があります。

 

電気代を確認し、

疑わしいと思われる場合は、

電気の専門の業者に

問い合わせしてみると良いでしょう。

 

この時、

今まで試してみた症状を伝えるのが大事です。

 

スポンサーリンク

 

キッチンの蛍光灯を交換した後つかない場合、超簡単驚きの復旧方法3選!

その4:まとめ

 

一番がっかりな事は、

蛍光灯も交換したうえに、

グローランプも交換したのに

電気が付かなかった時ですよね。

 

そんな思いをするくらいなら、

電気が付かなくなったら、

いつもより電気代が高くないかなど、

普段から事前に

チェックしておくのも大事ですよね。

 

漏電で、

電気がどこか地面などに逃げてしまって

電気が付かないといった場合、

専門業者に点検や修理を

頼むことになります。

 

結構な出費も考えられますので、

その際は、

LED系の照明にするのも

検討してみて下さい。

 

蛍光灯が切れて交換するなんて

悩みも解消されるので、

オススメですよ!

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね!」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました