わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

マイナンバーカード推進事業!マイナポイントは子供でも対象になるのか?

2020年07月07日 [ マイナポイント マイナンバーカード 子供 ]
Pocket
LINEで送る

マイナンバーカード推進事業!マイナポイントは子供でも対象になるのか?

 

マイナンバーカードの普及推進の為に

2020年9月から

スタートする予定のマイナポイント。

 

マイナンバーカードを取得して

マイナポイントを予約すると

9月からキャッシュレス決済を

行う事で25パーセントもの還元を

受けられるというお得なサービスです。

 

最大5000円までという条件はありますが、

25パーセント還元という数字は、

かなり大きいものですよね。

 

家族単位ではなく、

個人で利用するサービスとなりますから、

家族全員がマイナポイントを

予約しておけば、

かなり還元の恩恵を

受ける事が出来ますね。

 

そこで気になるのが、

子供のマイナポイントは

どうなるのかという点です。

 

通常、

赤ちゃんや小さな子供が

キャッシュレス決済を

利用して買い物をする機会は

ないでしょう。

 

また、

子供の名義でキャッシュレス決済に

登録するのは、

抵抗がある人もいるかもしれません。

 

子供の分のマイナポイントは、

どうなるのか?

 

この点をしっかりと

勉強しておかないと

損をするかもしれませんよ。

 

今回は、

そんな生活の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

生活のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

マイナンバー通知カードを紛失!これから再発行が出来なくなるって本当?

マイナンバーカードの子供の申請方法は?必要な手続きや知っておきたい事

マイナンバーカードの受け取り方を解説!どこでいつ貰える?郵送は可能?

 

スポンサーリンク

 

マイナンバーカード推進事業!マイナポイントは子供でも対象になるのか?

その1:子供もマイナポイントサービスを利用出来るの?

 

そもそも、

子供もマイナポイントサービスの

対象になるのかという

疑問をお持ちの方も

いらっしゃるでしょう。

 

でも安心して下さい。

年齢に関係なく、

子供でもマイナポイントサービスの

対象となっています。

 

赤ちゃんであっても問題ありません。

 

ただし、

まだ産まれていない赤ちゃんは、

対象外となります。

 

マイナンバーカードを

取得可能な子供が対象です。

 

子供もサービスの対象になるので、

まだ我が子のマイナンバーカードを

取得していない場合は、

今すぐにカードの申請を

行うようにしましょう。

 

基本的にマイナンバーカードの申請は、

本人が行うものです。

 

ですが、

15再未満の未成年者の場合は、

法定代理人である親が

申請や受け取りを

する事になります。

 

15歳以上であれば、

自分で申請をする事も可能です。

 

兎に角、

マイナンバーカードがなければ、

マイナポイントは利用出来ませんから、

子供の分も忘れずに

発行しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

マイナンバーカード推進事業!マイナポイントは子供でも対象になるのか?

その2:子供のマイナポイントはどうやって申し込む?

 

子供のマイナンバーカードを

申し込んで受け取りまでが済んだら、

早速予約・申込みを行いましょう。

 

子供の場合、

誰が予約や申し込みをするのか、

という疑問が残りますよね。

 

まず、

子供といっても15歳未満の場合は、

法定代理人である親が代わりに

予約・申込みを行えます。

 

本人ではなく、

親が申し込むからと言って

特に面倒な手続きは必要ありません。

 

また、

15才以上の未成年は、

原則として本人が

手続きをする事になります。

 

ただし、

子供が出来ない場合は、

親が代理で手続きをする事も

容認されています。

 

勉強の為にも、

親子揃って予約・申込みをすると

良いかもしれませんね。

 

スマホアプリやパソコンで

子供のマイナンバーカードを読み取り、

マイキーIDを発行し

予約を済ませましょう。

 

子供のマイナポイント予約申し込みも

大人の手順と同じですから、

簡単に手続きが出来ます。

 

<大人気おすすめ>

 

マイナンバーカード推進事業!マイナポイントは子供でも対象になるのか?

その3:マイナポイントサービスを利用する時のキャッシュレス決済は子供の名義じゃないと駄目?

 

子供であっても

マイナポイントの対象であり、

15才未満の未成年なら、

本人ではなく親が予約申し込みを

する事が可能と分かりました。

 

次に気になるのが、

設定するキャッシュレス決済の

名義はどうなるのか、

という事ではないでしょうか?

 

予約申込みは親が出来ても、

設定するキャッシュレス決済の

アカウント名義は、

子供本人のものでなければ

いけないのでしょうか。

 

今は、

子供であっても

親の承諾があれば利用可能な

キャッシュレス決済も増えています。

 

ですが、

お金の関係するキャッシュレス決済を

子供のアカウント名義で

登録したくないと考えている方も

少なくないでしょう。

 

このような場合でも

安心して下さい。

 

親のアカウント名義での

キャッシュレス決済利用分が、

子供のマイナポイントとして

付与される事になります。

 

ですから、

子供のキャッシュレス決済サービスの

アカウントを必ずしも

作る必要はありません。

 

ですが、

既に設定した親のマイナポイントと

同じサービス業者は、

利用する事が出来ないので

注意をして下さい。

別々の業者を設定しましょう。

 

スポンサーリンク

 

マイナンバーカード推進事業!マイナポイントは子供でも対象になるのか?

その4:まとめ

 

マイナポイントは、

永続的なサービス事業ではなく、

2021年3月末までの

期間限定となっています。

 

また、

利用出来るのは、

先着4000万人までですから、

早めに準備をしておきましょう。

 

子供のマイナンバーカードは、

発行していない方が多いでしょうから、

カードの申請受け取りまでには

時間が掛かります。

 

この事を考慮しても、

マイナポイントで

最大5000円分の還元を

受けたいと思っているなら、

早めに行動して損はありません。

 

15才未満の未成年なら、

マイナポイントの予約・申込みも

法定代理人にあたる両親が

代わりに行う事が出来ます。

 

15才以上の場合、

原則としては本人が手続きを

しなくてはいけない事に

なっていますが、

どうしても手続きが行えない場合、

親の代理も可となります。

 

キャッシュレス決済も、

15才未満の場合は、

親アカウント名義での

決済が有効になるので、

子供に利用させたくないという場合も

安心ですよ。

 

親が設定した業者と被らない事だけは、

気を付けて下さいね。

 

家族が多ければ、

子供もマイナポイントを

利用しないと、

損をしてしまうかもしれません。

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です