わちゃわちゃ情報.com

見たい聞きたい知りたい情報をお届けいたしま~す!

わちゃわちゃ情報.com
Pocket
LINEで送る

日傘の選び方は?素材で紫外線カット効果は違う?知っておきたい豆知識!

2020年07月12日 [ 日傘 素材 紫外線 ]
Pocket
LINEで送る

日傘の選び方は?素材で紫外線カット効果は違う?知っておきたい豆知識!

 

紫外線を防いでくれる日傘。

 

以前は、

年配向けというイメージが

強いアイテムでしたが、

最近ではお洒落な日傘も増え、

幅広い年代に人気となっています。

 

人気が高まった分、

綿等の天然素材の物や

ポリエステル等の化学繊維の様に、

その素材や種類も様々な日傘が

販売されるようになりました。

 

選択肢が広がった事は、

嬉しいものですが、

その分どんな日傘を選べば良いのか

迷う事も多くなったのではないでしょうか。

 

実は、

日傘ならどれを選んでも

使い心地や紫外線防止効果は、

同じという訳ではないのです。

 

そこで、

日傘のポイントとなる

紫外線をしっかりと防ぐ効果のある

素材の選び方について紹介します。

 

せっかく日傘を購入するのなら、

見た目のお洒落さだけではなく

紫外線カット効果も

重視したいものですね。

 

今回は、

そんな雑学の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

雑学のお悩みについて

理解が深まると思います。

 

エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解?

虫除けはペットのいる部屋で使ってもOK?ペットの為に覚えておきたい事

マスクを着けると息苦しい時の有効な対策は?放置すると命の危険性もあり

 

スポンサーリンク

 

日傘の選び方は?素材で紫外線カット効果は違う?知っておきたい豆知識!

その1:快適な日傘の選び方!天然素材は紫外線をカットしながら涼しい

 

日傘の代表的な素材には、

天然素材があります。

 

例えば、

綿や麻にシルクで造られた日傘等が

あげられます。

 

こうした天然素材の日傘の特徴は、

なんと言っても涼しいさを

感じられる事です。

 

天然素材は、

太陽の熱を吸収してくれますが、

熱がこもりにくい為

炎天下の下で傘をさして歩いても

涼感を得る事が出来ます。

 

常に日陰を歩いている様に

快適に過ごす事が可能です。

 

また、

天然素材ならではの

質感や色味も魅力的。

 

紫外線防止や涼感を得るだけではなく、

日傘もファッションの一部として

楽しめます。

 

しかし、

そんな天然素材も

長所ばかりではありません。

 

デメリットとしては、

お手入れがやや大変で

耐久面が低いという点

あげられるでしょう。

 

値段が高めに設定されている

製品も少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

日傘の選び方は?素材で紫外線カット効果は違う?知っておきたい豆知識!

その2:素材が化学繊維の日傘は紫外線カット効果が高い!

 

雨傘にも多く使われているのが、

ポリエステルやナイロン等の

化学繊維になります。

 

化学繊維が素材に使われた日傘は、

紫外線の吸収率が

高いという特徴があります。

 

上からの紫外線だけではなく、

アスファルトから跳ね返る紫外線も

吸収してくれますよ。

 

また、

化学繊維素材で造られた日傘は、

お手入れが簡単で

耐久性が高いのもメリットだと

言えるでしょう。

 

ですがその反面、

自然素材の製品よりも

熱がこもりやすいという

デメリットもあります。

 

化学繊維は、

紫外線のカット率は高いものの、

遮熱効果に関しては

天然素材に及ばないのです。

 

そのため、

製品によっては

紫外線は防げるものの、

熱がこもって暑いといった様に

日傘をさしていても

熱中症になってしまう

可能性はあるでしょう。

 

<大人気おすすめ>

日傘の選び方は?素材で紫外線カット効果は違う?知っておきたい豆知識!

その3:紫外線をカットして遮熱効果も期待出来る日傘の素材の選び方は?

天然素材にも化学繊維にも

メリットデメリットがあるものです。

 

また、

日傘の紫外線カット効果は、

素材だけではなく生地の厚さであったり

色によっても変わってきます。

 

淡い色は、

紫外線透過率が高いものの、

遮熱効果も高い為に

紫外線対策には弱くても

涼しさを感じられるでしょう。

 

黒の場合、

その効果は反対になります。

 

その為、

素材の色は

外側が淡い色で内側が黒い生地の物が

日傘には良いと言われています。

 

また、

天然素材の日傘が欲しい場合、

紫外線カット率の低さを補える

生地にUVカット加工がされた

製品がお勧めです。

 

日傘を選ぶなら、

素材が綿でもポリエステルでも

UVカット加工が

施されている事は外せません。

 

ですが、

UVカット加工

経年変化により

衰えていくものだという事を

覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

日傘の選び方は?素材で紫外線カット効果は違う?知っておきたい豆知識!

その4:まとめ

 

日傘の選び方で気になる素材。

 

天然素材には天然素材の良い面が、

化学繊維には化学繊維ならではの

良い面があるものです。

 

簡単にまとめると、

天然素材の場合は

遮熱効果に優れ、

涼しさを得る事が出来ます。

 

その反面、

紫外線をカットする効果は、

化学繊維に劣ります。

 

化学繊維は、

紫外線カット面で優れていますが、

熱がこもりやすいという特徴が。

 

日傘の素材は、

どれも一長一短ではありますが、

表面は太陽光の反射に

優れた白等の淡い色、

内側は紫外線吸収に優れた

黒い生地が使われた物を

選ぶ等して、

工夫をすると良いでしょう。

 

また、

どの様な素材であっても

生地にUVカット効果が

施された物を選んで下さい。

 

効果は永久に続きませんが、

あるとないでは大違いです。

 

上記に気を付ければ、

どの素材の日傘でも

紫外線防止対策として使えます。

 

あまり神経質にならず、

好みの日傘を選んで下さいね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です