コールセンターのバイトなら受信がオススメ!きついのは本当?理由は3つ

雑学

コールセンターのバイトなら受信がオススメ!きついのは本当?理由は3つ

 

その気になれば、

割と簡単に始められるのが、

コールセンターのお仕事です。

 

もちろん、経験は是とでもOKです。

 

しっかり、研修があることも安心です。

 

どんなに些細なことでも、

どんなに小さな不安も、

しっかり、

質問しておくことが大事です。

 

コールセンターのアルバイトの

お仕事の中でも受信は、

商品説明や商品の使い方などが多く、

クレーム対応は、

一部分に過ぎません。

 

またクレーム対応は、

オペレーターではなく、

クレーム専任者が、

担当する場合もあります。

 

びっくりして声が出なかったり、

どうしよう!と冷汗をかくような

必要はありません。

 

コールセンターのお仕事は、

一般的には派遣会社経由となりますが、

ひとつに絞る必要はなく、

いろいろな派遣会社に登録して

コールセンターで扱う商品などを

チェックしてから、

お仕事を決めると良いでしょう!

 

今回は、

そんなお仕事の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

知識が広がると思います。

 

映画を映画館で見たい人、コロナリスクがゼロの座席選びとは?必見!

日傘の選び方は?素材で紫外線カット効果は違う?知っておきたい豆知識!

マイナンバーカード推進事業!マイナポイントは子供でも対象になるのか?

 

スポンサーリンク

 

コールセンターのバイトなら受信がオススメ!きついのは本当?理由は3つ

その1:受信業務のクレーム対応は上司が対応。

クレーム対応は、上司と一緒に対応します。

 

お仕事には品質が求めらます。

 

オペレーターのひとり、ひとりが

会社の顔となります。

 

管理者は、

お客様とオペレーターとの会話の進捗状況は、

パソコンで常にチェックしてます。

 

「これ?クレーム?」と、

あなた自身が感じたら、

すぐに、手をあげるなど

管理者や責任者を呼びましょう。

 

各コールセンターの会社で、

クレームの合図は決まっている場合が多いので、

呼ばれた管理者は、すぐに飛んできます。

 

クレームは、あなたひとりで、

解決する問題ではありませんし、

恐れる事はありません。

 

クレーム対応で失敗して

トラウマになってしまうと、

コールセンターのお仕事は、

きついと思われてしまうことも・・・

 

しっかり研修の時に

クレームがこじれる前に対応出来るように

学んでおきましょう!

 

クレームを受けれてしまった場合は、

一呼吸して、気持ちはフラットな状態で、

お電話を受けると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

コールセンターのバイトなら受信がオススメ!きついのは本当?理由は3つ

その2:受信業務は、通信販売、通販受注など、お客様の声を聞く事!

TVショッピング等で購入した

電化製品の使い方など、

ご質問を受ける

コールセンターのお仕事があります。

 

若年層は、オンラインショッピングなど、

ピッピッと、スマホで購入します。

 

時代は、めまぐるしく変化してますが、

中年層以上になると電化製品の使い方など

実は簡単なのですが、

ピッピッで終了しないんですね。

 

年齢が高くなると、

やり方を順番に簡単に説明しても、

わかってもらえない事があります。

 

「こんなに丁寧に説明してるのに、わかってもらえない!」

 

と思われることが多いです。

 

こういったお仕事が

コールセンターの受信のお仕事なのです。

 

自分で出来れば、

カスタマーサービスは不要ですね。

 

お客様のお話を傾聴するだけで、

喜んでいただけるお仕事でもあります。

 

<大人気おすすめ>

 

コールセンターのバイトなら受信がオススメ!きついのは本当?理由は3つ

その3:コールセンターのお仕事は注目されている!

昨今のコロナ渦でお仕事を失った人が、

周りにいませんか?

 

これからのお仕事は、

リモートワークが増えていくのは、

必然的な時代になりました。

 

直接、会うことよりも、

テレワークでお仕事する方が

お互いに安心です。

 

この形が、

カスタマーとクライアントとの、

商談にも求められるでしょう。

 

コールセンターのお仕事は、

これからの時代にマッチした働き方の

能力が必要な事が沢山学べる場でもあります。

 

言葉をどのように駆使すれば、

自分のゴールに近づくか?

 

このようなことから、

コールセンターで学ぶことが出来るのです。

 

お仕事の流れは、

研修でしっかり学びましょう。

 

もちろん、

わからないことは、

その場で質問して下さい。

 

コールセンターのお仕事に、

慣れておくと、

電話というお仕事を通して得たスキルは、

将来とても役に立ちます。

 

また、短期や長期と働き方が、

こちらで選べるのも魅力ですね。

 

スポンサーリンク

 

コールセンターのバイトなら受信がオススメ!きついのは本当?理由は3つ

その4:まとめ

コールセンターで働くことを、

クレーム対応などで、

きつい仕事と決めて避けている方もいるでしょう。

 

派遣会社の担当者から

「今度、駅前のコールセンター!頼むね」

それが始まりで

「研修からお金入るから。」

という理由から

コールセンターで

働くことになった方のお話ですが

その方の初めてのお仕事は、

衛星放送のご案内でした。

 

それが、その方にとても合っていたようで

映画が大好きだったその方は、

映画が大好きなお客さまと、

とてもお話が盛り上がりました。

 

もちろん、ガチャ切りがあったり、

クレームがあったりでしたが

数をこなして対応が上手になって来ると

感謝されることも多々ありとても楽しい

お仕事となったそうです。

 

そして不思議なのですが

楽しかったことしか覚えていないとの事。

 

コールセンターの受信のバイトでは、

先入観は持たない事。

 

お話は、

すればするほど、

上手くなるもの。

 

アルバイトするなら、

手に職までいかなくとも、

自分が成長するような

職業がいいですよね!

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました