自己紹介が苦手!職場で伝える必須項目と第一印象を良くするためのコツ!

雑学

自己紹介が苦手!職場で伝える必須項目と第一印象を良くするためのコツ!

 

自己紹介、どんな場面でもとても緊張しますよね。

 

面接時に簡単な自己紹介や

入社時の自己紹介など

社会に出ると自己紹介する機会が増えていきます。

 

特に入社時は、

どんな人がいるのかな?

業務内容は自分に合っているのかな?

など、職場への不安も募っている中

まず最初に待っているのが、

自己紹介ですから、更に不安になりますよね。

 

それに、自己紹介と言っても、

名前や出身地だけでは

中々自分をアピールする事は難しいです。

 

自己紹介=第一印象

と言っても過言ではありません。

 

第一印象は、その後その人のイメージを、

作っていくものなので、とても重要です。

 

急に自己紹介する機会があっても困らないよう

簡単な自己紹介のポイントを学んで、

苦手を克服してみませんか?

 

基本の自己紹介、好印象へのポイント、

シチュエーション別ポイントもご紹介いたします!

 

今回は、

そんな自己紹介の悩みについて

のお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

生活のヒントを

見つけられると思います。

 

映画を映画館で見たい人、コロナリスクがゼロの座席選びとは?必見!

マイナンバーカード推進事業!マイナポイントは子供でも対象になるのか?

エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解?

 

スポンサーリンク

 

自己紹介が苦手!職場で伝える必須項目と第一印象を良くするためのコツ!

その1:職場での基本の自己紹介とNGパターン

まずは基本の自己紹介を見ていきましょう。

 

・名前

こちらは必ずフルネームで名乗るのが一般的です。

 

・所属先

所属先や担当課が決まっている場合は、

このタイミングで話しましょう。

 

・自分を印象付けたいポイント

出身地や趣味特技、好きな食べ物、座右の銘など。

 

特に難しく考える事はありません。

 

自分と言えば、〇〇!という事を一言

手短にエピソードを交えて話せば大丈夫です。

 

最低限伝えなければいけない事は以上です。

 

これをサンドイッチ方式で話していきます。

 

・名前
・所属先
・自分を印象付けたいポイント
・名前

 

名前を早く覚えてもらう為にも

最後にもう一度、名乗りましょう。

 

難しく考えなくても良い自己紹介ですが、

気を付けて欲しい事があります。

 

・えーあー語、長々と話す

話の途中に、えー、あー、と言ってしまったり

長々話す事は、

話す内容が上手くまとめられていない印象を

与えてしまいます。

 

・ネガティブ発言や内容

ネガティブな話はご法度です。

 

もし、話している最中に、

ネガティブ内容だと気が付いたら

必ず軌道修正して下さいね。

 

スポンサーリンク

 

自己紹介が苦手!職場で伝える必須項目と第一印象を良くするためのコツ!

その2:アピール項目はコレ!好印象を残すポイント

続いては

好印象を残すポイントについて

詳しくお伝えします。

 

正直に言ってしまうと

印象付けたいアピールは何でも良いのです。

 

ここは自分を知ってもらう為、

親近感を感じてもらう為の、第一歩ですから

自分の事を全て話す必要はありませんし、

学歴や経歴で気負いする事もありません。

 

おすすめの項目を上げていきますので

自分に置き換えて考えてみて下さい。

 

・出身地や住んでいる地域など

詳しい住所などは言わなくで大丈夫です。

 

例:〇〇県〇〇市出身です。

現在は〇〇市に住んでいます。

 

・趣味や特技、好きな食べ物

こちらは、業務とは関係ありませんから

一気にハードルが下がり、共感して

声を掛けてくれるかもしれませんよ!

 

例:最近これにハマっています。

〇年柔道をやっていました。など

 

・座右の銘

もしあるのであれば、

理由と一緒に話すと良いです。

 

それでも難しいという方は

自分の名前

掛けた内容を考えておきましょう。

 

名前の漢字の説明や由来、

有名人と同じ名前であれば〇〇さんと同じです、

などで良いです。

 

<大人気おすすめ>

自己紹介が苦手!職場で伝える必須項目と第一印象を良くするためのコツ!

その3:シチュエーション別ポイント

では最後に、

シチュエーション別の

自己紹介ポイントをご紹介します。

 

【採用面接】

高校や大学の専攻学部なども詳しく伝える。

 

卒業論文のテーマや、学生時代に

経験したエピソードも話せると良いですね。

 

アルバイトの経験で得た事や、

サークルや部活動での活動内容でも良いです。

 

※この際、面接官は人柄を見ています。

怖気づかずに、ハキハキと手短に話しましょう。

 

もっと聞きたくなるようなエピソードを話すと、

会話が弾み、自身の緊張も解れていきます。

 

【新しい職場での自己紹介】

所属先とフルネームは必須。

 

趣味や特技、好きな食べ物などで共感者を作る。

 

入社後にやってみたい事など、

仕事への意気込みを入れると尚良いです。

 

※この場の自己紹介は、

自分自身を伝える最大の場です。

 

クスっと笑えるエピソードなどがあると、

顔と名前を覚えてもらいやすくなります。

 

謙虚な姿勢と

ポジティブな印象付けを意識して下さい。

 

スポンサーリンク

 

自己紹介が苦手!職場で伝える必須項目と第一印象を良くするためのコツ!

その4:まとめ

いかがでしたか?

 

自己紹介と言っても

シチュエーションやその場の環境によって

話す内容は様々です。

 

名前はフルネームで伝え、

自己アピールは、手短にし

もっと話が聞きたいと思わせるのがポイントです。

 

あなたの面白いエピソードに、

強面の上司もクスっとなるかもしれませんよ。

 

あまり難しく捉えずに

自分はこんな事が好きで、

こんな経験をしてきました。

 

という事を謙虚な姿勢で伝えてみて下さい。

 

緊張して頭の中が真っ白になってしまっても

不安にならずに、

「緊張で頭の中が真っ白になってしまいました!」

と明るく言ってみましょう。

 

きっと笑顔で見守ってくれるはずです。

 

色々と不安も沢山ありますが

自己紹介を乗り越えて

新たな環境を楽しんで下さいね!

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「クリックしてね」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました